実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 アルミ箔で日除け
アルミ箔で日除け
 毎年6月21日ごろ、一年のうちで最も昼の時間が長い夏至になります。
地面が暖まるのには時間がかかるので、気温はその後も上昇し7月~8月にかけて年間で最高になりますが、日差しの強さは毎年6月ごろがもっとも強いのです。
私の家では、午後から夕方にかけて強烈に日が当たる窓がいくつかあります。

毎年この時期にはそれらの窓から部屋の中に熱気が入ってくるので、なんとかそれを軽減しようと考えました。

最初は窓のガラスに大きな白い紙を貼ってみましたが、真夏の日中の日差しはすさまじく、紙をすかして熱気が入ってきました。

そこで、数年前からは台所で使うアルミ箔を、上の写真のように窓ガラスに貼り付けています。アルミ箔は非常に薄いのですが、全反射によって日の光も熱線もはね返すことができます。

       アルミ箔で     人気blogランキングへ
         西日を避ける
           梅雨晴れ間

アルミ箔を貼ると、当然部屋の中は暗くなります。しかし、夏の陽光は非常に強いので、少々アルミ箔で遮っても部屋の中はなお十分な明るさがあります。
私どもは、毎年6月初めから夏の日差しが強くなるにつれて窓にアルミ箔を貼る面積を増やしていきます。


その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/06/30(土) 06:42)

 あじさいの小道
あじさいの小道

 本2018年は、気象庁が6月6日に関東地方の梅雨入りを宣言しました。例年より2日ほど早い梅雨入りだそうです。

その後しばらくは梅雨らしい雨の降り方もあまりなく蒸し暑い日々が続いていましたが、6月10日ごろから前線が接近したとのことで時おり土砂ぶりの雨に見舞われるようになりました。

私の家の近くに人通りの多くない小道があり、その両側に あじさい が植えられています。梅雨のシーズンを代表する花を静かに楽しむことができるので、私はこの小道をよく通ります。

二日ほど雨の続いた日の夕方、傘をさしてこの小道に入りました。普通はあじさいの葉に触れることもなく道を通り抜けられるのですが、この日は花盛りで大きくなったあじさいが雨を含んで重くなっており、道の中央に向かって倒れてきていました。

あじさいの大きな花には雨しずくがずっぷりと付いています。その雨しずくでシャツが濡れないように、傘を横に向けてあじさいの花を避けつつ小道を歩きました。
濡れて垂れたあじさいの花が傘に当たって、ざわざわと大きな音をたてました。

       傘で道の
         紫陽花こいで
           通りけり


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/06/26(火) 07:24)

 壷のばら
壷のばら

 世田谷区深沢の広大な住宅地の中に、東京都立園芸高校という園芸専門高校があります。昔はこの辺は広い畑作地域でしたが、時代とともに次第に宅地化し、その中でこの園芸高校だけが昔のままで残っているということでしょう。

初夏の花といえば、やはりバラを挙げなければなりません。この時期に、北半球のあらかたの国々で人々に愛されている花です。

この園芸高校の校内には広い立派なバラ園があり、5月から6月にかけて見事な花を咲かせます。生徒さんたちが丹精こめて育てた約200種のバラは、世田谷区で一番ではないかと思います。

バラ園をはじめ校内の庭園、温室などは、年に一度5月に一般開放されます。その他の時期でも、ウィークデイには高校の受付で届けを行えば校庭の見学ができます。

私どもは、この高校まで歩いて行けるところに住んでいるので、時々校庭を見せてもらっています。今年も、5月の中ごろにこの高校に行って、すばらしいバラを拝見しました。

バラの花に雨があたったのち急に天気がよくなって陽がさすと、バラの花びらに雨滴のあとがくっきりと残ることがあります。

     花びらに
     雨滴のあとや
     壷のばら


四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/06/22(金) 07:25)

 大阪・天満橋筋商店街
天満橋筋商店街 古くから天神さんとして浪花っ子に親しまれている大阪天満宮のお参りを終え、西の方向、JR東西線大阪天満宮駅に向けて歩いていくと、大きな商店街に入りました。

ここは、天満橋筋商店街といって、全長約2kmの日本一長い商店街だそうです。

大阪天満宮の賑わいを見てその参道に方々の商店が集まり、やがてこの巨大な商店街が生まれたということです。

 現在では商店街は天一から天六までに区分され、立派なアーケードが設置されて、大阪を代表する商店街となっています。

その商店街を歩くと、さすが食い倒れの街というべきか、飲食関係の商店が非常に多いのが目に付きました。
中で、「てっちり・てっさ」という看板がかなりありました。てっちりは東京にもあるのでわかりましたが、「てっさ」というのは私どもは知りまへん。

一緒にいた娘に訊いたところ、さすがに大阪にもう4年いるだけあって、「ふぐさし」のことよ、と教えてくれました。

アーケードの天井ところどころから、上の写真に見られるように元気のいい男の子の人形が吊り下げられていました。
大阪では、夏に日本三大祭の一つとされる「天神祭」が行われますが、その際は船渡御をする御神霊をへさきに「お迎え人形」をおいた船で出迎えるということです。そのお迎え人形が、このアーケードのマスコットになっているようです。

      天神祭    人気blogランキングへ
        迎え人形
          飾る街


その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/06/18(月) 06:55)

 唐辛子の苗
唐辛子の苗
 赤唐辛子は万能の香辛料ですが、赤くなる前の青唐辛子もおいしいものです。
青唐辛子は夏に採れるので、瓜などの夏野菜といっしょに漬け込んだり、冷やっこの辛味に使ったり、冷たいうどん、そばの薬味にするとよく合います。
ところがその青唐辛子は、スーパーなどでは売っていないことが多いのです。

そこで、私どもは毎年5月の連休明けのころに街の苗屋で唐辛子の苗を買って、自宅の庭の隅に植えつけています。

今年も上の写真のポット苗を数個買って、庭に植えつけました。唐辛子はなすの仲間で、日当たりのよい場所が向いています。

毎年5月末には白い花が咲き、やがて立派な青唐辛子が採れて、冷麺の薬味、冷やっこの辛味などに使うことができます。

      青くても     人気blogランキングへ
        有るべきものを
          唐辛子   松尾芭蕉

青唐辛子がなった後、そのままほうっておくと、やがて秋口には実が赤くなり、赤唐辛子になります。それは普通の赤唐辛子として炒め物などに使うことができます。


四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/06/14(木) 06:18)

前のページ 次のページ
copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア