実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 暖炉くらし
暖炉くらし

 大正末期から昭和にかけて、4Tといわれた女流俳人たちが活躍しました。中村汀女、星野立子、橋本多佳子、三橋鷹女の4人です。
それらの一人、「鞦韆(しゅうせん)は漕ぐべし」で有名な三橋鷹女は、俳句の結社には属せず、自由な句調で俳句界に新風を吹き込みました。

鷹女に、次の「暖炉」の俳句があります。

        暖炉くらし        人気blogランキングへ
           壺の椿を
              投げ入れよ  三橋鷹女

鷹女の鋭い感性を示す俳句の一つです。部屋の隅にある暖炉にまだ火がついてなくて寒々としていましたが、壺に活けられていた赤い椿をその暖炉に投げ入れると、暖炉は一変して赤々と光と熱を放ち始めました。

鷹女は暖炉が好きだったようで、次の俳句もあります。

        暖炉灼く        人気blogランキングへ
           夫(つま)よタンゴを
              踊らうか  三橋鷹女

この俳句が作られたのは、大正の末あるいは昭和のはじめかと思われます。第一次大戦が終了してまもない当時の明るく自由な雰囲気が感じられる俳句ですね。

文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2014/02/01(土) 06:56)

<<咳の子のなぞなぞ遊び | ホーム | 黒海ソチ>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/90-07b5d617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  最近へこみ気味

これの事かな? | 2006/01/19(木) 16:49

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア