実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 深大寺・扇塚
 今年の7月は、関東地方は連日晴天が続き、記録的な高温小雨の年になりました。猛暑にたたられ、葉物を中心に農作物にも大きな被害が出て価格が高騰するものが多くなりました。

8月になってからようやく雨が多くなり、9月に入ると落ち着いた秋らしい日が多くなりましたが、夏場に地中深くまで乾燥してしまったせいか、例年初秋を飾る草花、花樹もダメージを受けたものが多いようで、公園などに散歩に行ってもそれほど花を見かけません。

その中で、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)は、秋口まで地中で球根でいるせいか例年通り元気にうす緑色の長い茎を伸ばし、その先に鮮やかな紅、白の大きな花を咲かせ始めました。

曼珠沙華

 深大寺は、東京都調布市にある天台宗の古刹で、開基は天平年間にさかのぼりとのことです。家から比較的近いところにあるので、私どもはときどきその深大寺を訪れています。

少し前に深大寺に行ったとき、境内の奥まったところにある釈迦堂の横に扇子の形をした大きな石があるのを見つけました。

近寄ると、その石の表には 「扇塚」 と刻まれてありました。舞踊家や役者の皆さんが、長年使って傷んでしまった扇を、いたわりと感謝を込めてこの塚におさめるのでしょう。

扇子の形をした石の前に、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)がちょうど茎を長く伸ばして鮮やかな花を咲かせていました。

       舞扇(まいおおぎ)
          納めし塚に
             曼珠沙華

扇塚


文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2017/10/13(金) 06:43)

<<愛馬の日・ほろ武者 | ホーム | 目黒さんま祭り>>

コメント
  深大寺は懐かしい
冬枯れ木の深大寺に見学にひとり彷徨ったことがあります。もう一度行こうと思いながらそのままになりました。庫裏からだったろうか薄く纏うように立ち上る煙を思い出します。
URL | チロル #- | 2005/10/20(木) 09:26 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/9-5f3d7e31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア