実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 芝・増上寺の水子地蔵
mizugo12.jpg

 関東における浄土宗の中心、芝・増上寺の大本堂の右側道路際に、多数の石地蔵が並べられてあります。陽の目をみることなしに葬られた水子の霊を供養するための千体地蔵です。
水子は、昔は流産や死産が大多数を占めていましたが、最近ではお産の医療技術の進歩、生活環境の向上などにより流産・死産の比率は低下し、代わって人工中絶が大部分を占めるようになったということです。

千体地蔵の横に絵馬をかける場所がありますが、そこには水子地蔵に会いにきた女性たちの思いをしるした絵馬がたくさんかけられているそうです。インターネットで俳句を調べているうちに、次の俳句に目が引かれました。

        秋日傘
           水子仏に         人気blogランキングへ
              長居せる   松本恒子

秋日傘ということですから、秋の彼岸のころを詠んだ俳句でしょうか。水子地蔵の前にきて、この世を見ることなしに終わった子供といつまでも語り合っているという様子が、読者の胸を熱くします。
作者松本恒子さんは、私の知らない俳人でしたが、インターネットで調べると、つい最近『春雷』という句集を出されたということです。現役の実力派俳人とお見受けしますが、どなたかご存知でしたらぜひコメントしてください。
文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2013/01/08(火) 16:06)

<<馬事公苑の雪だるま | ホーム | クリスマス・セール>>

コメント
 
雄平さん
コメント有難うございました。
昨年8月に何気に撮影しました。
蕾もまた可愛いので、いつ見ても癒されます・・・・
                      From Mimi
URL | mimi #- | 2006/01/08(日) 17:06 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/79-3ccec28d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア