実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 不忍池の枯れ蓮
枯れ蓮

 東京・上野の不忍池(しのばずのいけ)は、春から夏にかけて蓮の葉でおおわれ、8月ごろには華麗な蓮の花が楽しめます。
その蓮もやがて寒さとともに枯れ始め、年末には枯葉も落ちて写真のように水面に枯れた蓮の茎だけが残った状態となります。枯れ蓮は俳句の世界では冬の季語になっています。

この池は北方から渡ってくる水鳥の格好な越冬地になっているということでラムサール条約湿地に登録されており、この時期にはユリカモメ、カモ、キンクロハジロなどたくさんの水鳥でにぎわいます。

        枯れ蓮や         人気blogランキングへ
           鳥は池面に
              浮きしまま

森鴎外の小説 『雁』 の最後のほうで、主人公岡田がこの池の雁に石を投げたら、それが雁に当たって死んでしまった、その雁を下宿に持って帰って鍋にして食べようと友達と相談するくだりがあります。
現在このようなことをしたら、とんでもないことだと東京都や動物愛護団体からつるし上げられます。

私は、石を投げるかわりに雁の群にえさを撒いてやりました(^_^)。雁がえさをとろうと大きな口をあけると、口の中が赤いのがみえました。

文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/01/07(火) 06:52)

<<都立園芸高校の冬 | ホーム | 井の頭公園>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/65-626b7c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア