実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 作家有島武郎の情死
 新幹線軽井沢駅の北1.8kmほどのところに、このあたりでは有名な旧軽井沢交差点という場所があります。

その旧軽井沢交差点から北北西約2kmのところに、「旧三笠ホテル」 という歴史ある建物があります。昔は草津軽便鉄道の 「三笠駅」 というのがこのホテルのすぐ近くにあったということです。

三笠ホテルは、実業家山本直良によって明治38(1905)年にオープンされました。現在では三笠ホテルの建物は、明治の軽井沢を現代に伝える貴重な文化遺産として国の重要文化財に指定されています。

旧三笠ホテル

 ホテルの創立者山本直良氏の妻は、作家有島武郎の妹でした。山本氏自身も文学者や芸術家との交友が多かったので、このホテルには作家・文学者などが盛んに宿泊するようになりました。

前記のように作家有島武郎は当ホテルと縁が深く頻繁に訪れましたが、自分の別荘浄月庵もこのホテルの近くにあり、夏はその別荘に滞在することが多かったそうです。

有島武郎の妻は早く亡くなりましたが、その後武郎は中央公論社の記者波多野秋子と親しくなりました。やがて秋子の夫の介入するところとなり、疲れ果てた武郎は、大正12(1923)年6月、45歳のとき秋子とともに上記別荘浄月庵で情死を遂げました。

情死の少し前、武郎は次の短歌を詠んだそうです。

      世の常のわが恋ならば
        かくばかりおぞましき火に
          身ばや焼くべき     有島武郎

武郎には亡くなった前妻との間に3人の子供がありました。その長男が、後に俳優森雅之になりました。黒澤明監督の 《羅生門》 、林芙美子原作の 《浮雲》 などの作品に出演した俳優です。

有島武郎は情死の数年前に 『惜しみなく愛は奪ふ』 という評論を書いています。その評論と軽井沢情死事件とは関連が深いと受け取られ、世間で大いに騒がれたということです。

その別荘浄月庵は、現在ではカフェとなっています。にぎやかな軽井沢銀座からほんの20分ほど歩いたところにあるその建物は、情死から100年近い歳月を経て旧軽井沢の林間に静かにたたずんでいました。

別荘浄月庵の跡


文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/14(月) 11:58)

<<猫の背にインコ | ホーム | 銚子電鉄で犬吠へ>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/499-5cc6d167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア