実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ホリエ・ロケット失敗
 だいぶ前の話で恐縮ですが、小泉郵政劇場といわれた2005年の総選挙でひと際話題をにぎわしたのは、ホリエモンこと堀江貴文さんの選挙戦でした。

結果としては、堀江さんは大ベテラン亀井静香さんが何十年もかけて固めてきた地盤には食い込めず次点に終わりました。

さて、その堀江さんは、当時その名もホリエモン号という競走馬を持っていました。

ホリエモン号

 上記総選挙の投票日9月11日に、ホリエモン号は、あのハルウララで有名になった高知競馬に出走し、見事ぶっちぎりで初勝利を収めました(上の写真)。当時、ホリエモン号は、馬主に代わって初当選を果たした馬主孝行の名馬として競馬ファンの人気をさらいました(^_^)

       ホリエモン     人気blogランキングへ
          馬は当選
             秋いくさ

その堀江貴文さんが、今度は2013年に超低コストで小型衛星を軌道に投入する事業を北海道で起こしたそうです。

その宇宙ベンチャー 「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)は、本年7月30日午後4時半ごろ、自社開発した初の観測ロケットを同町から宇宙空間に向かって打ち上げました。

ホリエモン 同ロケットは、直径約50cm、全長約10m、重さ約1トンの街で見かける電柱のような形状をしているそうです(左の写真)。

燃料に安価なエタノールを使用し、エンジンを自社開発するなどしてコストダウンを追求しました。

同ロケットは、轟音をあげ、火炎を噴射しつつ上昇して雲の中に消えました。発射から約4分後に高度100キロ以上に達する予定でしたが、目標の高度まで到達しないうちに地上との通信連絡が途絶えました。

 堀江さんは12年前の馬からロケットに乗り換えた形で今回のチャレンジをしましたが、今回のロケットはかつての愛馬ホリエモン号のようにはオーナー孝行ではなかったようです。

現在気象庁などで使われている観測ロケットは、1機当たり5億円もの打ち上げ費用がかかるそうです、ホリエ・ロケットはその10分の1に当たる5000万円(1機当たり)での打ち上げを目指すとのことです。

今回は人工衛星は積んでいませんが、将来的には超小型衛星を軌道に投入する大型ロケットの商用化を目標としています。

開発費用の調達が課題で、同社は今後もクラウドファンディングや新規スポンサーを通じた資金集めを進める方針です。

       文月(ふづき)尽        人気blogランキングへ
           ホリエ・ロケット
              海に墜つ


IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/02(水) 06:44)

<<川遊び・西丹沢 | ホーム | 大型帆船見学>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/497-80ab792a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア