実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 またロシアの飛行機事故
ツボレフTu154

 少し前のことになりますが、 昨年末2016年12月26日、3年前に冬季オリンピックが開催されたロシア黒海沿岸の都市ソチの沖合、黒海上でロシア軍用機が墜落し、搭乗していたロシア軍合唱団のメンバー65人が死亡しました。

そのニュースで事故機の機種がロシアで製造されたツポレフ154であったと聞き、思わずはっとしました。私どもは数年前6月にサンクトペテルブルグ・モスクワの旅行をしましたが、その際モスクワ・サンクトペテルブルグ間を往復した中型旅客機がこの機種だったのです。

ツポレフ154は、約40年前に当時のソヴィエト連邦が世界の航空機市場への進出を目指して開発した中型機で、上の写真のように3基のエンジンを尾部に集中装備しているのが特徴です。

非常に古い機種なので、現在では普通になっている電子機器が完備されておらず、悪天候時の離着陸に問題があるとされます。また、ロシア、特に地方路線では、空港自体のレーダーや管制システムも先進国にくらべて見劣りがすると、専門家は指摘しています。

ロシア国内、シベリアとか地方路線では、現在でもこのような古い機種の飛行機が設備や管制システムがあまり上等とはいえない空港に盛んに離着陸しているということです。

ロシア人は地方路線では、無事に着陸できたのがわかると皆いっせいに拍手をするという話を聞きました。私は、当分の間、ロシアの地方路線には乗りたくありません。

     春遠し     人気blogランキングへ
       旧型露機の
         事故の報

なお、ツポレフ154は、騒音、排気ガスなどの点で現在の国際基準に適合していないので、日本などの国際空港には飛来することはありません。ツポレフに騒音対策を施したTu-154Mシリーズという機種が、ウラジオストク、ハバロフスクから新潟へ路線を就航させているそうです。


海外旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/04/04(火) 06:58)

<<携帯電話の充電器 | ホーム | 薬師寺のしだれ桜>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/491-f21bc147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア