実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 リオ五輪、大丈夫? (2)
 第31回夏季オリンピック競技大会は、来2016年8月にブラジル・リオデジャネイロで開催されます。南米でオリンピック競技大会が開催されるのはこれが初めてということです。

そのリオ五輪は、開会まであと1ヶ月足らずとなりました。しかし、私どもがニュースなどで伝え聞くだけでも開催の準備は万全とはいえず、大変心もとない状況のようです。

開催国ブラジルはここ数年の景気低迷により国家財政は赤字に転落しており、オリンピック関連の施設や交通などのインフラ整備は当初の計画から大幅に遅れています。

さらに、2016年5月、ブラジルのルセフ大統領が財政赤字を少なく見せるため会計操作をしたとの疑惑が浮上してきました。その結果、ルセフ氏は最大180日停職となり、予算法に違反した疑いで弾劾裁判にかけられる恐れがでてきたそうです。

このような政治混乱は国家財政の円滑な執行を妨げることになり、オリンピックの準備はますます困難になるでしょう。

リオ五輪

 本年6月の末には、リオデジャネイロの空港で警察官や消防士たちが下の写真のように横断幕を掲げて抗議のデモを行ったそうです。

その横断幕には、ご覧のように 「地獄へようこそ」 と大書されていました。警察や消防士は給与の欠配が続いているので、リオデジャネイロに来るお客さんたちの安全を守ることができない、というのです。

もともとリオデジャネイロは大変治安の悪い都市で、2010年度の人口10万人に対する殺人事件の割合(殺人率)は日本の約30倍となっています。そのような都市で警察や消防が機能しなくなったら、どのような恐ろしい事態になるのでしょうか。

リオ五輪

リオ五輪 そのリオで、今度は恐ろしい感染症ジカ熱の流行が明らかになりました。ジカ熱はヤブカ属の蚊によって媒介されるジカウイルスによる感染症です。
ブラジルでは妊婦がジカウイルスに感染することで胎児が感染し、小頭症児が多発しているそうです。

 アメリカ合衆国など一部の国々では、妊娠中の女性に対してブラジルを含む中南米への渡航を自粛するように勧告しています。
カナダのある学者は、オリンピック開催でブラジルを訪れる人が増えれば、先天異常の赤ちゃんの出生が増えると警告しています。

オリンピッ出場が有力視される世界的競技者の間では、リオ五輪への出場を辞退する動きが広がっています。

スペイン男子バスケットボールのパウ・ガソル選手は、5月30日、ジカ熱の蔓延を理由にリオ五輪欠場を検討していると述べました。

米国女子サッカーのゴールキーパーでワールドカップで最優秀GKに選ばれたホープ・ソロ選手が、リオ五輪に出場しないと表明しました。

日本人アスリートでは、男子ゴルフの松山英樹選手が5月31日、リオ五輪の出場について不安を表明しました。

今年の全米オープンを制した世界ゴルフランキング2位のダスティン・ジョンソン(米国)も、出場辞退を表明しました。世界1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)選手もリオ五輪出場見送りの意向だそうです。

        五輪の夏         人気blogランキングへ
           リオに不安は
              増すばかり

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/07/10(日) 07:16)

<<葉しょうが | ホーム | 七夕飾り>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/479-8c60b6a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア