実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 カラヴァッジオ展・国立西洋美術館
 15世紀末から16世紀前半にかけて活躍してルネッサンス時代を築いたレオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ミケランジェロらが没した後、ヨーロッパの美術界は一時目標を失ってスランプ状態になりました。

16世紀末になって、イタリア北部ミラノにヨーロッパ美術の次世代をになう大天才ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョが出現しました。

カラヴァッジョは、光と陰の明暗を際立たせて人間の姿とその内面をドラマティックに描き出す手法を開発し、バロック絵画の祖となりました。

2016年3月1日から6月12日まで、上野の国立西洋美術館でイタリアの代表的な美術館が所蔵するカラヴァッジョの名作と、カラヴァッジョの継承者たちによる作品を合わせた50数点を展示した 「カラヴァッジョ展」 が開催されました(下の写真)。

カラヴァッジョの名作をこれだけ集めた展覧会は、日本では数十年に一度のことでしょう。カラヴァッジョのファンである私どもはさっそくこの展覧会に行くことをきめましたが、入場者が一巡すると思われる5月の末ごろに観に行こうと思っていました。

アマデウス

 ところが、5月17日になって、思わぬニュースが飛び込んできました。カラヴァッジョ展の会場である上野の国立西洋美術館が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関によって世界遺産に「記載」すべきだと勧告されたというのです。

国立西洋美術館本館(下の写真)は近代建築の巨匠フランスのコルビュジエによる日本国内唯一の作品で、1959年に完成しました。らせん状の回廊や1階部分を柱だけで構成するピロティなどが特徴です。

国立西洋美術館本館は、7月にトルコで開かれる世界遺産委員会で正式に世界遺産に決定される見通しとのことです。

 このニュースが発表された以降、国立西洋美術館で開催中のカラヴァッジョ展を訪れる人が急増し、会場はだいぶ混雑するようになったということです。結局、私どもは5月末に予定していたカラヴァッジョ展訪問を見送ることにしました。

アマデウス

 本年4月ごろから当時の東京都知事だったMさんの公金無駄使いが発覚し、大変な騒ぎになりました。Mさんは昔からの美術ファンで、東京都知事になってから公金で数千万円の美術品を購入したとか。

また、東京都知事の公用車で38回も美術館を訪れたともいわれ、都議会でつるし上げられる事態になりました。

私どもはMさんと同じように昔からの美術ファンですが、今回はとうとう国立西洋美術館でのカラヴァッジョ展に行くことができなかったのは非常に残念に思います。

       カラヴァッジオを    人気blogランキングへ
          観るひまもなき 
             梅雨の入り

美術 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/24(金) 07:08)

<<ロシア旅行 サンクトペテルブルグへ | ホーム | 「アマデウス」の作者 死去>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/478-fb2b1380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア