実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 「アマデウス」の作者 死去
 映画 「アマデウス」 などで知られるイギリスの劇作家ピーター・シェーファーさんが、2016年6月6日、アイルランド南西部のホスピスで死去しました。享年90歳でした。

シェーファーさんは、1926年、ビートルズ誕生の地として有名なイギリス西海岸のリバプールで生まれました。ケンブリッジ大学を卒業後、劇作家として活躍しました。

1979年に18世紀の作曲家サリエリとモーツァルトとの係りあいを描いた戯曲 「アマデウス」 をロンドンで初演し、好評を得ました。翌1980年には 「アマデウス」 はアメリカ・ニューヨークのブロードウェイでも上演され、大人気になりました。

1984年には 「アマデウス」 はシェーファーさんの脚本で映画化され、1984年のアカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞など8部門を受賞しました。映画 《アマデウス》 は世界中で社会現象ともいえる大ヒットになりました。

この映画では、シェーファーは、平凡な作曲家であるサリエリがモーツァルトに出会ってその輝かしい才能に驚嘆し、やがてモーツァルトに対して嫉妬の情をおぼえる様子を描いています。

映画では、シリア系アメリカ人F・マーリー・エイブラハムがサリエリ役(下の写真)を演じ、ブロードウェイの舞台などに出演していた俳優トム・ハルスがモーツァルト役を演じました。

アマデウス

 サリエリは、晩年にはモーツァルトを毒殺したのではないかといういわれなきうわさに悩まされたといわれます。
サリエリを見舞いにきたイタリアのオペラ作曲家ジョアキーノ・ロッシーニまでもサリエリに面と向かってこのうわさの真偽を訊ねたそうですが、その際はサリエリは憤然としてその疑いを否定したということです。

サリエリは、1825年に75歳でこの世を去りました。なにかと因縁の深かったモーツァルトが没してから34年後、一時は教え子であったベートーヴェンが亡くなる2年前のことでした。

アマデウス 音楽の都ウィーンの中央墓地では、大音楽家たちの墓は32Aという区画に集められています。
ベートーヴェン、シューベルトの墓もそこにありますが、モーツァルトは埋葬の際に遺骨の所在がわからなくなったため、かわりに記念碑が置かれています。

しかし、サリエリは残念ながらその大音楽家の区画には葬られませんでした。

 上記32A区画は第2門という大きな門から入りますが、その第2門を入るとすぐ第0区という場所があります。サリエリの墓は、その第0区の一角にありました。上の写真のように募柱のある塔形の墓で、募柱にはサリエリの顔のレリーフが付けられていました。

上記映画 《アマデウス》 の公開以来、サリエリの名前は世界中に広く知られるようになりました。このサリエリの墓にもうでる人も多くなったそうで、墓の前にはたくさんの花が供えられていました。

       菩提樹(ぼだいじゅ)咲く    人気blogランキングへ
          サリエリ眠る 
             墓の上

海外旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/20(月) 07:56)

<<カラヴァッジオ展・国立西洋美術館 | ホーム | ロシア旅行 出発>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/477-5b2bc1e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア