実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 馬事公苑・東京五輪準備
 世田谷区の馬事公苑は、馬事に関する知識向上などを目的として昭和15年に開苑しました。馬事公苑には国際級の馬術競技場があり、1964年の東京オリンピックの馬術競技もそこで行われました。

障害馬術競技では人馬が一体となって障害を飛び越えて行きますが、その姿は私ども素人が見ても実に見事です。

また、フィギュアスケートの 「規定」 に相当する定められた内容の馬術の正確さを競う馬場馬術競技もありますが、これも見ているとなかなか味があって面白いものです。

馬事公苑

 馬事公苑は、18ヘクタール(東京ドーム4個分)を超える敷地面積に、さまざまな馬関連施設があるほか、構内各所に各種の桜など四季折々の花々が咲き、多くの人たちに親しまれる憩いの空間になっています。

競技馬場から少し離れた場所にはゆったりとした運動場があり、若駒などを放して運動させています。その馬の上に、運動場の周囲にたくさんある八重桜の花間から洩れた晩春の陽光が踊っていました。

馬事公苑の西洋庭園の奥に、手入れの行き届いた広いバラ園があります。開花したばかりの淡いピンクのバラに目が惹かれました。花の中心部分は、薄い花びらが重なり合って色が濃く見えます。

馬の走路の奥に美しい庭池があります。池のまわりにはしだれ桜、藤、かえで、あやめなどがあり、それぞれ見事な花を咲かせます。

馬事公苑

 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、東京2020年大会に向けて大会開催基本計画を作成し、同大会の馬術競技をこの馬事公苑で行うことを決めました。

日本馬術連盟によると、1964年東京五輪で使われた馬事公苑の馬場は大きさなどが現在の国際大会の基準を満たしておらず、老朽化した部分もあるため全面的に改修されることになりました。
馬事公苑の改修工事は、来年2017年1月から2019年夏までの予定で行うことが決まりました。

改修工事が行われる間は、馬事公苑は一般人はまったく立ち入れなくなります。従って、馬事公苑の花見は今後2020年オリンピック東京大会が終了するまで4年間はお預けということになりました。

馬事公苑の近所に住んで毎週のように中を散歩していた私どもとしては、2020年東京オリンピックを楽しみにしつつも、4年間のお預けはちょっと・・・・とぼやきたくなります。

        桜の馬場          人気blogランキングへ
           五輪準備で 
              閉鎖さる

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/05/07(土) 06:54)

<<戸川昌子さん死去 | ホーム | 伊豆の踊り子>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/473-0f546120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア