実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 猿の親子
猿の親子 JR中央線・総武線と私鉄・地下鉄が接続する交通の要衝吉祥寺は、ナウい街として若者に人気があるスポットでもあります。
吉祥寺・井の頭自然文化園にある動物園では、あわせて200種を超える動物を飼育しています。
ここは動物園としては小さいですが、そのぶん動物たちを身近に観察できるのでなかなか人気があります。

猿の親子 園内のサル山には、いつも子供たちが集まって歓声をあげています。

ここにいるのはニホンザルよりひとまわり小さいアカゲザルだそうです。
南アジア各地の山地に住み、サイズは体長47~64cm、体重4~10kgぐらいです。
ここではイモ、ニンジン、リンゴ、ペレットなどを与えているとのことです。

 このサル山では、ボス猿以下19頭が暮らしているそうです。日差しの暖かい日中は、みなで体を寄せ合って気持ちよさそうに日向ぼっこをしてくつろぐ姿が見られます。

猿の子供は、人間の子供と同じように遊ぶのは大好きで、サル山の上から下まで飛びまわっています。大人たちは、静かに昼寝したり毛づくろいをしていますが、子供たちはそれら大人たちの間をぬうようにしてきゃっきゃっと走りまわります。

でも、しがらく遊びまわってお腹がすいたのか、隅のほうにいたお母さんのところに行き、胸に飛び込んで乳を吸いはじめました。

        初日あび         人気blogランキングへ
           猿は子に乳 
              含ませて

旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/01/16(土) 06:54)

<<新成人のケータイ | ホーム | 箱根駅伝無事終了>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/455-8c2eb92d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア