実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 二宮尊徳とスマホ
スマホ つい先日、家の近くを歩いていたとき、急に角を曲ってきた高校生くらいの男の子にぶつかりそうになりました。スマホを手に持って画面に見いりながら横丁から街路に飛び出してきたのです。

東京消防庁管内では、平成22年から26年までの5年間で、歩きスマホ等に係る事故により152人が救急搬送されました。

 上記東京消防庁調査で、場所別の救急搬送人員では、「道路・交通施設」が122人と最も多く全体の8割以上を占めており、その中でも「駅」での発生が38人となっていました。

東京消防庁は、歩きスマホや携帯について、「自分自身がけがをするだけでなく、周囲の人を事故に巻き込む恐れもあり、大変危険である」と注意を呼び掛けているそうです。

二宮尊徳 以前、静岡市の駿府城址の近くで二宮尊徳の石像を見つけました。二宮尊徳は江戸時代18世紀末の思想家で、小田原の近くに生まれました。

少年時代に父母が死去し、尊徳は伯父のもとに身を寄せることになりました。伯父の家で農業に励むかたわら、尊徳は寝る間も惜しんで読書をしたということです。

 尊徳は、少年時代は常に書物を懐に入れて持ち歩き、薪を背負いながら本を読んで歩いたとされます。昔はその姿の石像が小学校などに立っていましたが、今回静岡で見かけたのもその一つでしょう。

さて、公道や駅で歩きながらスマホを見ている人はどんな画面を見ているのでしょうか。メールやSNSを見ている人もかなりいるようですが、大多数はゲームをしていたり、漫画やYouTubeで動画を見ていたりだそうです。昔の二宮尊徳さんとはだいぶ違うようですね。

        スマホ手に         人気blogランキングへ
           尊徳歩む 
              冬街路

最近さる調査機関が社会人200人(男女各100人)に実施したアンケート調査によると、「歩きスマホ」を法令で禁止し、罰金を科すなど厳しく取り締まるべきだ」と考える人が61.5パーセントを占めたそうです。

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/12/07(月) 06:47)

<<亀戸天神の黄落 | ホーム | 勤労感謝の日>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/449-53099800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア