実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 むかご採り
 自然薯・山芋は、山野で雑木の幹などにつるを伸ばし、葉での光合成で得られたでんぷんを地下の根に蓄えます。そのつるにも小さな実がなりますが、それを 「むかご」 といいます。

自然薯は食べられるほど大きくなるまでに数年かかりますが、むかごは毎年つるに成ります。秋の中ごろ、自然薯の葉が黄葉して落ち始めると、つるに成ったむかごがはっきりと見えるようになります。

むかご

 むかごは地下の芋によく似た風味と香りをもっています。芋のほうは、笹など他の植物の根とからまるように伸びているので掘り出すのが大変ですが、むかごはつるについていてすぐに採れます。

むかごは上の写真のように直径1cmぐらいと小さいので、ほうぼう採り歩いて数を集める必要があります。それでも数時間も採れば、小さめのざるいっぱいぐらいにはなります。

むかご むかごを持ち帰ったら、まずすり鉢の中に少しの水を入れ、むかごをこするように洗うと汚れがとれます。それを枝豆と同じように塩茹ですると、香りが高く酒の肴に絶品です。

しかし、もっともファンが多いのは炊き込みご飯でしょう。少し塩を入れて炊き込むと、むかごの優しい甘みがあってまさに秋の恵みを堪能できます。

 炊き込みご飯では、むかごは上の写真のように皮付きのまま入れ、米の水加減は普通の水加減か少し多めにします。昆布だしや酒を加えたりして炊くと、さらに美味しくなります。

むかごを採って歩いているときにきのこや山菜類なども採れたら、それらもご飯に入れて炊くのもよいでしょう。

        藪の間(ま)に         人気blogランキングへ
           山を望みつ
              むかご採る

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/11/13(金) 07:30)

<<赤そばの畠 | ホーム | 秋祭りの舞踊>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/444-228e77ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア