実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 浅間山のシェルター
浅間山

 2014年9月27日、長野県・岐阜県県境の御嶽山が大噴火を起こし、登山者 56人が死亡、行方不明7人という大惨事になりました。

それ以来、国内の火山の観測体制が強化され、噴火が起こった際の警戒・防護を行う努力が続いています。

浅間山は世界でも有数の活火山で、有史以来数々の大噴火を起こし、そのたびに山麓から関東全域にかけて大きな被害が発生しました。最近では、平成16年9月に中規模の爆発が発生しました。
そこで、浅間山火口から3kmまでの範囲に退避壕と鉄骨鋼板製の退避施設を設置しているということです。

御嶽山の噴火からわかるように、火山の噴火の際には火口から数kmの範囲内には大きさ50cmにも達する噴石が雨のように降ってくることが多いそうです。噴火は突発的に起こることも多いので、登山者の生命を守るには頑丈なシェルターを適宜設置しておく必要があります。

浅間山の退避壕 数年前、浅間山麓の鬼押出し園に行ったとき、道路の脇に大きなコンクリート製のシェルター(避難小屋)が設置されているのを目にしました。

浅間の火山活動が活発なときは、4.5km離れているここにも火山弾や火山灰が降る恐れがあるので、遊歩道の中に何ヶ所かこのようなシェルターを置いているそうです。

 上の写真のシェルターはU字形の厚いコンクリート製で、奥行きが10mほどもあるかなり大型のものでした。シェルターの屋根の部分には人間の頭ほどもある丸石を多数貼りつけてありましたが、それらにより噴石が当たったときのショックを軽減するのでしょうか。

巨大火山浅間山も、ここ10年あまりはそれほど大きな活動はしていません。本日はこのあたりは風もあまりなく、赤とんぼの群れがシェルターの入口や屋根の上に飛び交っていました。

        浅間山         人気blogランキングへ
           アキツ飛び交う
              退避壕

IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/10/20(火) 07:37)

<<リオ五輪、大丈夫? | ホーム | 北軽井沢の鮎>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/438-3f7fa8e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア