実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 落ちうなぎ
うなぎ

 うなぎは、マリアナ海域の深海で卵から孵化し、黒潮に乗って漂流しながら日本などアジア諸国の河川にたどり着きます。

それら河川や湖沼で、うなぎは5年から15年くらいを過ごすとされま す。うなぎは冬眠する魚なので、気温が低くなり水温が下がってくると、冬に備えてひたすら餌を食べて脂肪を蓄えます。

平賀源内以来、うなぎは土用に食べるものというイメージがありますが、実は秋が深くなるにつれ、脂が乗ってうまくなるそうです。

さて、十分に成熟したうなぎは、秋に栄養を蓄えたまま冬眠せず、川を下って海に向かいます。この時期のウナギは体長40~70cmになり、腹側は銀白色になるので「銀ウナギ」とも呼ばれます。

これら「落ちうなぎ」は、脂がよく乗ってうまい上にサイズが大きいので、大きな川の川口などにやなを仕掛けて漁をすることが多いそうです。
しかし、それではマリアナ海域に行って産卵してくれるはずの親うなぎを大きく減少させてしまいます。ひいては、翌年、日本の川にもどってくるシラスうなぎの数も減少することになるでしょう。

そこで、最近はうなぎの研究者などが 「せめて秋から冬にかけての落ちうなぎ漁を規制しようではないか」 と呼びかけているそうです。
今後、シラスうなぎの減少に歯止めをかけてうなぎ資源を守るには、そのような地道な規制策が必要なのでしょう。

         落ちうなぎ         人気blogランキングへ
           やなすり抜けて
              大海へ

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/10/04(日) 07:11)

<<カナダがんの群れ | ホーム | スズメバチの季節>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/434-7e3aeb6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア