実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ちどりの渡り
ちどり

 夏の終わりごろ、人気が少なくなった海岸の波打ち際で波と戯れるようにしてちょんちょんと歩きまわる小鳥の群れをよく目にします。

それらのうち、足が長いのはシギの仲間、足が短いのはチドリの仲間が多いそうです。上の写真は浜辺で休むチドリの仲間です。

チドリは渡り鳥のなかの「旅鳥」という種類に属し、日本より北の国で繁殖し、日本より南の国で越冬します。主として移動時期の途中である春と秋に日本にしばらく立ち寄って干潟で食べ物を採ったりして休養し、その後最終目的地に渡っていきます。

チドリの仲間は、毎年春と秋に繁殖地のシベリアと越冬地の東南アジアや遠くオーストラリアまでを往復するそうです。渡りをする距離は、片道1万km前後、年間では2万km以上にもなります。
その長距離をチドリたちは太陽や星の配置などを指標にしたり、地球の磁場を検知したりして飛行するということです。それにしても、体長わずか20cmほどの小さな鳥が年間に2万km以上にも及ぶ渡りをするのには驚くほかありません。

波打ち際で忙しく動き回りながらえさをついばんでいたチドリの群れに、急に高い波が押し寄せてきました。チドリたちはぎりぎりのところで波を避けて飛び立ち、あわ立つ波頭の上で飛び回りながら高い声で鳴き交わしていました。

         千鳥鳴く         人気blogランキングへ
           荒波のあわ
              飛び越えつ

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/09/22(火) 07:26)

<<箱根警戒レベル引き下げ | ホーム | 甘藷先生の墓>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/431-fbc5273f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア