実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ロンドン・プロムス2015
アルバート・ホール

 ロンドンの地図を見て、私どもが宿泊しているホテルの近くに「ロイヤル・アルバート・ホール」という大公会堂があるのに気がつきました。

ロイヤル・アルバート・ホールといえば、毎年夏に開催される「BBCプロムナードコンサート(通称プロムス)」の会場として、世界のクラシック音楽ファンに知られています。

シャーロックホームズ博物館を訪問してからホテルに帰る途中、サウスケンジントン駅から、この高名なホールに向かいました。
その地区は博物館などが多いところで、古い大きな建物が続きます。やがてケンジントン・ガーデンに突き当ったところで左に向かうと、遠くにロイヤル・アルバート・ホールの巨大な建物が見えてきました。

アルバート・メモリアル ロイヤル・アルバート・ホールは、ヴィクトリア女王の夫アルバート公を記念して、1871年に建設されました。ケンジントン・ガーデンズの南に位置し、ダイアナ元妃の最後の住居となったケンジントン宮からも近いところです。

ケンジントン・ガーデンズの中に、ロイヤル・アルバート・ホールと道路を隔てて対向する位置に、アルバート・メモリアルというタワーが立っています。
そのタワーの中に、アルバート公が椅子にかけている姿の金張りの彫像が置かれています。

 ロイヤル・アルバート・ホールは奥行80メートル、幅70メートルの巨大な楕円形の建物で、天井はガラス張りのドームとなっており、中央部の高さは40メートルもあるそうです。

ロイヤル・アルバート・ホールは、主としてクラッシック音楽やバレーの上演に利用されますが、巨大都市ロンドンでも数少ない収容人数7000名の大公会堂とあって、クラッシック音楽以外のさまざまなビッグイベントの会場としても使用されてきました。
1963年には、当時人気が沸騰していたビートルズが、このホールで歴史的コンサートを開きました。ボブ・ディランやローリング・ストーンズも、このホールの舞台に立っています。

本年のプロムスは、7月17日(金)にオープンし、 9月12日(土)にラストナイトプロムが演奏されます。今年はフィンランドを代表する作曲家ジャン・シベリウスの生誕150年とあって、プロムスではシベリウスの交響曲が全曲演奏されるそうです。

9月12日(土)のラストナイトプロム2015にはイギリスの第2の国歌とも呼ばれるエドワード・エルガー作曲の行進曲「威風堂々」が演奏され、アルバート・ホールは大変な盛り上がりになります。

        大ホールに         人気blogランキングへ
           「威風堂々」
              ひびく夏

海外旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/08/29(土) 06:46)

<<多摩川花火大会 | ホーム | 雨ほしや>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/424-3e4ee420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア