実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 アッパッパ また流行?
アッパッパ 第一次世界大戦後ごろから、日本の女性にも 断髪 が次第に広まりました。

大正末期には女学校のセーラー服など洋式制服が多くなりましたが、一般の女性には洋装は髪から靴までそろえるとお金がかかったのでなかなか普及しませんでした。

大正16年に資生堂が東京・銀座を歩く女性たちのファッションを調査したところ、断髪・洋装の女性はまだ少数にとどまっていたということです。

 その大正末期ごろに、B級洋装の実力派エースともいうべき 「アッパッパ」 という日本独自の簡単服が出現しました。

それまで日本の女性たちは、夏でも外出時は帯を締めた和装で暑さに耐えていました。その時期の日本には外国のファッション雑誌などが盛んに流入してきたので、欧米の夏のドレスからヒントを得たホームウェアが考案されました。

上の写真のように襟がなく短い袖の付いたワンピースで、胴にはベルトはなく頭からすぽんとかぶってそのまま着用しました。

えり、すそ、脇から空気が通るので夏には涼しさが抜群で、それまで和装で日本の厳しい夏に耐えてきた女性たちの熱い支持を得て瞬く間に日本中に広まりました。

最近、インターネットで 「アッパッパまた流行するか」 という記事を目にしました。日本の昔の簡単服を復元して売り出している衣料メーカーが手がけたもので、関西で試験販売したところ大人気になったので、全国で本格的販売に踏み切ったそうです。

一年中でもっとも暑い時期になり、東京でも最高気温が35度Cを超える日々が続いています。毎日を少しでも涼しくすごしたい女性たちに、この大正・昭和のホームドレスは人気になるかも知れませんね。

        母娘(ははむすめ)で      人気blogランキングへ
           アッパッパ着て
              夕歩き

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/08/09(日) 06:34)

<<里芋の葉に朝露 | ホーム | 夏のツバメ親子>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/420-f12a5258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア