実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 黒田清輝 「湖畔」
黒田清輝 《湖畔》 黒田清輝がフランスから帰国するときには、モネ、ドガ、ルノワールらが第一回印象派展を開催してから20年近く経っていました。

一方、フランスにおける伝統絵画の中心であったサロンは、印象派の影響を受けて明るい風景画、人物画の出品が多くなっていました。

 黒田がパリで師事した画家ラファエル・コランは、印象派絵画から影響を受けたサロン外光派の一人でした。

ロワン川のほとりグレで制作した作品 《読書》 や1893年に描いた名作 《朝妝》 で、黒田は念願のサロンへの入選を果たしました。

1893年に帰国してから、黒田は同じくフランスで学んだ久米桂一郎らとともに洋画塾を開設し、印象派の影響を取り入れた外光派と呼ばれる画風を日本に広めました。
1896年には東京美術学校の西洋画科の発足に際して講師となり、以後日本西洋画の発展に大きく貢献することになりました。

黒田は帰国から4年目の1897年に名作 「湖畔」 を自らが主宰する画塾白馬会の展覧会で発表しました。この作品は、現在上野の東京国立博物館に付属する黒田記念館に展示されています。

        遠山を         人気blogランキングへ
           映す湖水に
              風すずし

美術 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/18(木) 07:25)

<<箱根・大涌谷の噴気 | ホーム | 天満橋筋商店街>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/407-9b3c6c3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア