実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 目黒さんま祭

目黒さんま祭

 秋のB級グルメといえば、まずはさんまの塩焼きということになるでしょう。古典落語 『目黒のさんま』 は、海から遠く離れた目黒村に鷹狩りにきた殿様が、土地の百姓が焼くさんまの匂いにひかれて初めて食べたところ、あまりのおいしさに以降すっかりさんまのファンになったというおなじみのお噺です。

それにちなんで毎年9月はじめにJR目黒駅前で目黒さんま祭りが開かれています。19回目となる本年は、9月7日(日)に開催されました。

会場では、岩手県宮古市から提供された大量のさんまが塩焼きにして来訪者に無料で振舞われます。目黒通りの歩道や車道の端では、その宮古から送っていただいた生きのよいさんまにたっぷりと塩を振り、炭火で豪快に焼き上げていました。

目黒さんま祭

さんまを焼く炉は鉄製で長さ80cmほどの長方形のもので、その中に赤々と炭火を起こし、大きな鉄網を2つ載せてその上に銀色に光るさんまを多数並べます(上の写真)。

強い炭火の上でしばらくさんまを焼くと、さんまから大量に脂が出て炭火の上に滴り落ちます。真っ赤な炭火から黄色い炎が吹き上がり、青い煙が盛大に立ちのぼります。

片面が焼けたら、その上に大きな鉄網をもう一枚重ねてエイとばかり全体を裏返します。こんがりと見事に焼けた片面が見えて、あたりには豊かなさんま塩焼きのにおいが満ちあふれます。まわりで見つめているお客さんたちから、いっせいに拍手が起こりました。

さんまを焼く煙と塩焼きのにおいがJR目黒駅前の広場に満ちて、その奥にある目黒駅の改札のほうに流れて行きました。

      さんま焼く        人気blogランキングへ
         煙は駅の
            中にまで

年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/09/29(月) 06:55)

<<ヤナギラン/ 草津白根 | ホーム | いのしし牧場>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/376-ea26b7eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア