実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 旧型パソコンの廃棄
旧型パソコン
Microsoft 社が提供する Windows XP のサポートは既に終了しているので、セキュリティーの問題などからWindows XP は事実上利用することができなくなりました。

現在残っている Windows XP パソコンの多くは10年近く前に発売されたものでハードウェアのスペックが低く、 より新しいOSに変更して使用することはできません。

結局、現在使用されているパソコンの半分近くを占める Windows XP パソコンは今後次第に廃棄されることになるでしょう。

2003年10月以降に販売された家庭向けパソコンには、「PCリサイクルマーク」が貼付されています。このマークが付いているパソコンは購入時に後に廃棄して回収再資源化するのに必要な費用を支払っているので、原則として廃棄の際に新たな料金がかかることはありません。

実は、私は10年近く前に発売された Windows XP パソコンを1台持っています。このような古いパソコンではPCリサイクルはないので、廃棄の際はそのパソコンのメーカーに対して有償での引取りを請求することになっています。その場合には古いパソコンを回収窓口に送る送料も必要になります。

インターネットで検索すると、PCリサイクルにかからない古いパソコン、使わなくなったパソコンでも送りつければ 無料で廃棄処分 してくれる業者が見つかりました。最近は古いパソコンの送料も不要で、パソコンを着払いにして送りつけるだけでよいという業者が多くなりました。

私ども利用者としては古いパソコンの廃棄費用がゼロで済むことになり、大変ありがたい話です。
ただし、パソコンのハードディスクをそれまで使っていたままにして廃棄処分に出すと、その後そのハードディスクから思わぬ個人データが外部に流出する恐れもあります。
私が利用した業者ではパソコンのハードディスクがなくてもよいとのことだったので、私はパソコンのケースを開け、ハードディスクを取り出してからその業者にパソコンを送り出しました。取り外したハードディスクは緊急時のバックアップとして利用する予定です。

       旧PC        人気blogランキングへ
          廃棄し安堵(あんど)
             夜の秋

IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/20(水) 06:22)

<<馬事公苑・蹄鉄師 | ホーム | 駿府城の弥次喜多>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/370-004ed645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア