実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 リンドバーグの墓
リンドバーグの墓
 1927年5月、リンドバーグは自分が設計した単発機に乗ってニューヨークの飛行場を飛び立ち、34時間後、大西洋を渡ってパリのル・ブルジェ飛行場に着陸しました。

1929年に駐メキシコ大使の娘アン・モローと結婚し、翌年長男が誕生しましたが、1932年にその長男が誘拐され、殺害されました。

その事件の後、リンドバーグは次第に人間不信から厭世的になり、太平洋戦争終了後は妻アンとともにハワイ・マウイ島に建築した別荘で暮らすことが多くなりました。

70歳を過ぎたころリンドバーグはがんに冒され、1974年夏、医者から余命がいくばくもないと告げられました。リンドバーグは、病院で延命治療を受けるより愛するマウイ島で最後を迎えるほうを選び、8月にアメリカ本土を去ってマウイ島の別荘に入りました。
リンドバーグは直ちに自分の葬式の仕方を周囲に指示しました。墓はマウイの石灰岩を積み上げて作り、その中央に自名を刻んだ金属のプレートを置くことにしました(上の写真)。

マウイに着いてまもなく、リンドバーグは72歳の生涯を終えました。その葬式はマウイ古来の様式で行われ、島の4人のコーラスが「天使のお迎え」というハワイアンソングを唄って故人を葬送したそうです。

       雲の峰        人気blogランキングへ
          飛行士眠る
             墓の上

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/12(火) 07:23)

<<ロンドン・オリンピック閉幕 | ホーム | 熊谷の「情熱マンゴー」>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/369-f8a84cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア