実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 熊谷の「情熱マンゴー」
熊谷のマンゴー
 関東地方は7月末から8月にかけて連日35度前後の猛暑に見舞われました。
埼玉県熊谷市は群馬県館林市と並んで関東でもっとも夏の暑さが厳しい土地です。これら2都市が日本の最高気温をつける日も多いようです。

さてその熊谷市のある農家が人気の高い亜熱帯果実マンゴーを試験的に栽培しました。

日本では沖縄、宮崎でマンゴーを栽培していますが、熊谷は夏の気温はそれらより高いとのことで、立派なマンゴーが収穫できました。
マンゴーの果実は大きいものは530グラムにもなり、糖度は約23度と沖縄、宮崎産よりずっと高かったということです(上の写真)。

試食した熊谷市長や熊谷青果市場の飯田栄一副社長は「本場南国のマンゴーと変わらない香りと甘さで、すばらしい」と絶賛したそうです。

       熊谷に        人気blogランキングへ
          マンゴー熟れぬ
             赤々と

猛暑で日本全国に知られる熊谷ですが、暑さにやられぱなしでは面白くありません。暑さを逆手にとって熱帯果実の栽培でも大いに名を上げてもらいたいと思います。

熊谷は内陸性気候で夏が非常に暑い反面、冬はなかなか厳しい寒さになります。マンゴーの果樹は冬季に気温が15度以下になるとダメージを受けるとのことで、専門家は越冬対策の研究が必要だと指摘しています。

しかし、熊谷は大消費地東京に車で数時間という地の利があります。朝収穫した美味しいマンゴーを午前中に築地のせりにかけられるのです。熊谷、館林など猛暑で有名になった土地の農家の皆さんは、今度は熱帯果実の栽培に本格的に乗り出していただきたいと思います。

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/08(金) 06:54)

<<リンドバーグの墓 | ホーム | 蓮の花>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/368-156ccbfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア