実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 芭蕉庵の跡
芭蕉庵の跡
 奥の細道を歩き通して故郷大垣に到着した後、松尾芭蕉は関西の各地を漂泊し、結局江戸を出立してから2年半経った1691年9月にようやく江戸に帰着しました。

芭蕉はしばらく仮住まいをしていましたが、やがて杉風、曽良など弟子たちの尽力により、旧芭蕉庵の近くにまた新たに芭蕉庵が建築されました。

この庵は、芭蕉の死後長く保存されていましたが、やがて幕末の混乱の中で失われてしまいました。大正6年に隅田川に大津波が発生しましたが、その後芭蕉庵があったと考えられていた場所の近くから芭蕉庵に置かれていた石の蛙が出土しました。その石蛙は、現在は芭蕉庵の近くにある「芭蕉記念館」に収められています。

石蛙の出土により、芭蕉が最後に住んだ庵があった場所が特定されました。その芭蕉庵の跡には、現在、芭蕉稲荷という小さな祠が建てられています(上の写真)。

       古池や        人気blogランキングへ
          蛙飛び込む
             水の音  松尾芭蕉

の有名な俳句がこの地で詠まれたのにちなんで、芭蕉稲荷には蛙の碑が立っており、石の蛙がいくつか置かれていました(上の写真)。

文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/07/19(土) 06:31)

<<マレーシア航空機 撃墜さる | ホーム | FIFA日本チーム帰国>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/363-aae9b8be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア