実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 松蔭祭の野外劇
松蔭祭の野外劇

 10月27日は幕末の志士吉田松陰の命日で、世田谷区の松蔭神社では「松蔭祭」が行われました。世田谷区の松蔭神社の境内には、山口県萩市にある松蔭の自宅松下村塾をコピーした建物があります。

毎年松蔭祭の際は、この建物の前で、松蔭にちなんだ野外演劇が上演されます。あたりの木々が黄葉し始めた中、野外演劇の声が高らかに響いていました。

        黄葉の下   人気blogランキングへ
           声ひびく
             野外劇

上の写真は、一昨年に行われた野外演劇のあとに撮影したもので、上演したのはワィニャオンという劇団でした。演劇の内容は、幕府のご法度を破ってアメリカに向かう船で密航を企てる松蔭先生を新撰組がつけねらうというもののようでした。

演劇が無事終了し、出演された皆さんがほっとした表情で神社内の神楽舞台の前に集まっていました。水色の羽織は、京都市内を見回る新撰組の衣装だそうです。

野外演劇ですから、はげしい雨が降れば中止になります。しかし、私はこれまで松蔭祭で雨にあったことがありません。これもやはり松蔭先生のおかげでしょうか。

演劇を見終わって神社を後にし、「幕末維新祭」でにぎわう松陰神社前の街に出ました。露店で買った熱いコーヒーを飲みつつ、神社のほうを振り返って松陰先生をしのびました。

年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/20(木) 06:27)

<<表参道の秋 | ホーム | 駒沢公園の秋>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/301-2e34fc62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア