実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 マルモッタン美術館
睡蓮

 この春、8年ぶりにフランスの首都パリに旅行しました。例によって、毎日のようにパリ近郊の名所などを訪ね歩く忙しい旅行でした。

その間、時間を見つけてルーブル、オルセーの2大美術館をはじめ、方々の美術館に行きました。やはりルーブル、オルセーの2大美術館の膨大なコンテンツは、何度見ても圧倒されるのみです。

マルモッタン美術館は、パリの西、ブーローニュの森に近い住宅地ラ・ミュエットにある小さな美術館です。美術館の規模は小さいのですが、モネの初期の名作 《印象・日の出》 があるので有名です。

モネは、《睡蓮》 の連作を多数制作しており、前記オルセー美術館にも、そしてこのマルモッタン美術館にも優れた作品が展示されています。
当美術館では地階の奥のほうに大きな展示室があり、それ全体がモネの 《睡蓮》 連作の展示にあてられていました。

     《睡蓮》 を
        訪ねオルセー
           マルモッタン

《睡蓮》 連作の部屋というとパリ・オランジェリ美術館をすぐ思い出しますが、マルモッタン美術館の 《睡蓮》 のほうが制作が早いようで、花の形、雲や柳の葉などがよりはっきりとした形状で描かれています。

オランジェリ美術館と同じように、展示室の中央に大きな長いすが置いてありました。大きな 《睡蓮》 連作を見ていると疲れてくるので、その長いすで休みながら周りの壁にかかっている絵をゆっくりと見回します。

美術 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:2
(2014/05/28(水) 06:25)

<<星野監督難病手術へ | ホーム | 東京で金環食>>

コメント
 
コメントありがとうございます。
カリンは硬くて食べることは出来ませんが果実酒として作り薬用酒として利用されています。
犬の写真応募させていただきます。
URL | 昆寛 #- | 2005/11/13(日) 17:22 [ 編集 ]

 
コメントありがとうございました。
私もモネが好きでマルモッタン美術館にいったことがあります。
閑静なところにあっていい雰囲気のところでした。

モネの家がある Giverny(ジヴェルニー)にもいきましたけど 
モネの世界そのままの素敵な睡蓮の池のあるお庭でしたよ。

URL | Miel #- | 2005/11/13(日) 21:25 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/3-eeb1d94b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  ・カリン酒
我が家の採り頃の「カリン」 今日はホームスティーのドイツのトーマス君に手伝っても...
自然に魅せられるブログ | 2005/11/13(日) 17:18

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア