実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 岡本民家園の鶏
岡本民家園の鶏

 民家園とは、各地の伝統的な建造物を移築して保存をはかるとともに、その当時の農機具、生活用具なども展示して当時の暮らしを現在に伝える目的で造られたものです。現在、地方自治体などが建築整備した民家園が、日本各地で公開されています。

世田谷区には民家園が二つありますが、そのひとつ「岡本民家園」は世田谷区の南部、多摩川に近い岡本2丁目にあります。私どもの家から歩いて30分あまりのところなので、ときどき行って昔の世田谷の暮らしを楽しんでいます。

岡本民家園には大きな古農家を移築した母屋がありますが、その裏に金網を張った鶏小屋があり、中で多数の鶏が走り回ったりえさをついばんだりしていました。
写真の鶏は、昔私どもの田舎(千葉県)ではチャボと呼んでいた種類でしょうか。体が小さく、尾がぴんと上を向いて伸びています。オスは羽根の色が三毛でメスよりずっと華やかです。

昔は、鶏卵は貴重な蛋白源として現在よりずっと重要な位置を占めていました。そのため、農家ではない普通の民家でも庭の隅に鶏小屋を設けて鶏を飼うことが多かったのです。

鶏は早起きで、夜明けをいち早く察知して鳴声をあげます。そのため、昔は鶏を飼っている家では別に目覚まし時計がなくても寝過ごす恐れはありませんでした(^_^)

        鶏鳴で      人気blogランキングへ
           目覚め夏掛け
              引き上げぬ

旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/09/17(水) 07:14)

<<ボンバルディア機 | ホーム | 過去の大震災に学ぶ>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/295-90eb215b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア