実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 駿府城の弥次喜多
駿府城の弥次喜多

 少し前に所用ではじめて静岡市を訪れました。泊まったビジネスホテルのマネージャーの話で近くに駿府城址があるのを知り、仕事が終わった後、さっそくそこに行ってみました。

大御所徳川家康が隠居してから住んだので知られる駿府城は、家康没後に火災で焼失しましたが、平成になってから巽櫓(たつみやぐら)と東御門が寛永年間の様式で復元されました。

ホテルを出て教えられた方向にしばらく歩くと、遠くに駿府城址が見えてきました。近寄ってみると、城楼はしっかりとした石垣の上に建てられており、その下には幅広い立派なお堀がめぐらされていました。

お堀に沿って遊歩道があり、そこに「東海道中膝栗毛」の弥次さん喜多さんの銅像が立っていました(上の写真)。

東海道中膝栗毛の作者十返舎一九は、府中(現在の静岡市)で下級武士の子として生まれたそうです。
東海道中膝栗毛の作中では、江戸神田の町人弥次郎兵衛は食客喜多八をつれて当時盛んだった伊勢参りのために上方に旅立ちました。その途中でこの府中に宿泊したという設定になっているということです。
お二方は大御所家康公のお膝元で楽しく過ごしているようですね。

        弥次喜多は      人気blogランキングへ
           駿府の堀に
              涼みおり

旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/16(土) 06:39)

<<旧型パソコンの廃棄 | ホーム | ロンドン・オリンピック閉幕>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/290-cc583bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア