実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 相馬野馬追い
 東日本大地震およびその後の原発事故により、東北各地に大きな被害が発生しました。被災地の皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

1000年以上の歴史を持つ福島県相馬の重要無形民俗文化財 「相馬野馬追い」が、7月27日から始まりました。現地では、現在も相馬家当主が野馬追いの総大将をつとめ、例年は騎馬隊約600騎、さらに鉄砲隊、槍隊、弓隊などが参加していたそうです。

今年も、騎馬武者となる人や馬の被災ダメージが残る中、伝統の継承を通じて災害からの復興を願う地元民の皆様の熱意により開催にいたりました。

世田谷区・馬事公苑では、毎年9月23日に馬や競馬を愛するファンへの感謝の意を表して「愛馬の日」を開催します。

例年このイベントには上記「相馬野馬追い」が出演し、盛大なパレードを披露してきました。

左の写真は、数年前の愛馬の日に撮影したもので、赤い胴着をつけた武者が旗指物を掲げて栗毛の馬に乗って走っています。相馬家騎馬隊の下級武士の役なのでしょうか。

きりりと鉢巻を締め、馬飾りをつけた馬を駆って、秋晴れの馬事公苑の走路にさっそうと登場しました。

俳人加藤楸邨は、子供のころ現在の南相馬市に住んでいたとのことで、次の俳句を残しています。

        駒とめて      人気blogランキングへ
           野馬追の武者
              水を乞ふ    加藤楸邨

騎馬武者として参加した方々の中には、今回の災害で家族を失った人もかなりいらっしゃるということです。被災地のがれきの中から思い出の写真を見つけ、家族の供養のためにその写真を身に付けて騎馬武者として出陣したと語った方がいらっしゃいました。

今年は、この方々は世田谷区・馬事公苑の「愛馬の日」に来てくださるでしょう。世田谷区・馬事公苑で相馬野馬追いのさっそうたる騎馬隊が見られるのを楽しみにしています。

年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/07/31(水) 05:55)

<<原爆鎮火堂 | ホーム | 涼風・乗鞍高原>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/288-171e16c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア