実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 馬事公苑の馬車
馬車

 世田谷区の馬の公園 馬事公苑 では、月に1度 「馬に親しむ日」 を設け、来苑者のために体験乗馬、馬車運行やポニーの演技などを実施しています。体験乗馬、馬車運行のコーナーでは、いつも子供づれの家族が整理券を求めて長い列をつくります。

馬事公苑の馬車は、上の写真のように黒い道産子(どさんこ)という日本在来馬が牽くことが多いようです。日本在来馬は、古墳時代に家畜馬としてモンゴルから朝鮮半島を経由して九州に導入されたということです。道産子は寒冷地北海道で農耕など使役を目的に飼育されていた馬で、ご覧のように馬体が大きく黒毛で毛が長いのが特徴です。

特に脚の毛は、雪道を走るのに対応したのでしょうか、くるぶしを覆うほどに伸びています。いかにもこの冬の時期がよく似合う馬ですね。
道産子は近年飼育数が激減していますが、その存在感を愛でるファンは多く、各地で道産子を保存する努力が行われているそうです。

馬事公苑の馬車の乗り場では、長い間行列してやっと自分の番がきた子供たちが大喜びで馬車に乗り込みます。歓声をあげる子供たちをたくさん乗せて、道産子馬車は馬事公苑の中のコースを鈴の音を響かせながら二回りして帰ってきました。

        短日や         人気blogランキングへ
           道産子馬車の
              鈴の音

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/12/27(日) 06:56)

<<冬至の空 | ホーム | ボロ市の托鉢僧>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/249-9e6eefdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア