実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 赤穂浪士の討ち入り
赤穂浪士

 元禄15年(1702年)12月14日未明、赤穂浪士47人が主君のあだを討つために江戸本所の吉良邸に討ち入りしました。

討入りの前日、四十七士の一人大高源五は煤払いの笹竹売りに変装して本所の吉良邸をひそかに偵察しました。大高源五は四十七士のうちで随一の俳人といわれた人です。

吉良邸偵察の帰りみち、源五は、両国橋の上にさしかかったところでかねてより知り合いの俳人宝井其角とばったり出会いました。其角は松尾芭蕉の高弟の筆頭といわれた人です。

橋の上で源五のそのように変わり果てた姿を見て、其角は思わず

     年の瀬や      人気blogランキングへ
      水の流れと
       人の身は

と一句を詠みました。それに応えて大高源五は

      あした待たるる
        その宝船

と詠み返し、去って行きました。その姿を見送りつつ、其角は「はて、この句の意味は?」と考え込んだそうです。
翌朝になって赤穂浪士の討ち入りを知り、はじめてその句の意味がわかったというわけです。

上のすばらしい絵馬は、赤穂大石神社に展示されているものです。赤穂大石神社ホームページさまのご好意で、その写真をここに転載する許可をいただけました。大石神社ホームページさま、有難うございました。


文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2017/12/20(水) 06:41)

<<サンタさんと小人たち | ホーム | 神宮外苑の銀杏並木>>

コメント
  失礼します。
■■最強アクセスアップツ-ル■■
>>>>アクセスゲート<<<<
上位入賞者に→高額賞金を贈呈!
http://acgt.jp/

ブログ・HP・プロフ
メルマガ等で登録可能です!

是非、無料登録をお願いします。
突然の書込み失礼致しました。
URL | アクセスゲート #- | 2007/12/27(木) 16:30 [ 編集 ]

  俳句は素敵ですね
わずか17文字ではありますが、
その中に情景や心情が読み取れる素晴らしい文化だと思います。
返しも見事な一句ですね。

突然のコメント失礼しました。
URL | タツノオトシゴ #- | 2010/12/15(水) 19:09 [ 編集 ]

 
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
URL | さくら #- | 2017/12/17(日) 10:13 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/248-b878c5da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア