実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 曼珠沙華・中村汀女
 大正から昭和にかけて活躍した俳人中村汀女は、俳句を現代の女性の間にこれだけ普及させた功労者の筆頭といえるでしょう。

汀女の句は、以下の作品に見られるように、女性らしい繊細で気品のある表現と暖かい叙情性に特色があります。それにより、新聞やテレビの俳句欄で多くの女性ファンをひき付けてきたのです。

中村汀女は、明治33年(1900年)に熊本に生まれました。熊本高女に進学して、次の曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の俳句を詠みました。

        曼珠沙華        人気blogランキングへ
           抱くほど採れど
              母恋し     中村汀女

曼珠沙華・中村汀女

 汀女さんは、親元を離れて熊本高女の寄宿舎に入ったそうです。うら若き乙女であった汀女さんは、ホームシックに悩んだようですね。

 その後熊本高女を卒業してまもなく、汀女さんはエリート官僚だった男性と結婚し、東京・世田谷の代田橋に住むようになりました。
汀女さんはなかなかの発展家だったので、案じた親が早く結婚させたという話を聞いたことがあります。

次の俳句は、汀女さんが結婚して世田谷代田橋に住み、中年になったころの作品と思われます。

        年ごろの似て     人気blogランキングへ
           かえりみて
              曼珠沙華    中村汀女

 秋の彼岸にお墓参りをしたときのことでしょうか、すれちがった女性が自分とほぼ同年配であるのに気がついて思わず振り返りました。

すると、その女性の歩く先の道端に曼珠沙華(まんじゅしゃげ)が鮮やかに咲いているのが見えた、という句意です。

曼珠沙華・中村汀女

 女性は同性を観察するといいますが、そういう女性ならではの俳句で、男性ではこのような発想をすることすらできません。
句尾下五に付けた 「曼珠沙華」 は初秋の鮮やかさに満ちており、また女性が内に静かに持っている情念を感じさせます。


文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/09/27(水) 06:28)

<<100年の木造駅舎 | ホーム | 東京都慰霊堂>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/212-8dea994c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア