実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 竹久夢二・宵待草
 千葉県北部の都市銚子は、海洋性の穏和な気候と犬吠崎を中心とした海辺の景観で知られ、古来多くの文人墨客がここに遊んでいます。
この夏、私どもも銚子を訪れ、犬吠崎、海鹿島(あしかじま)など市内数ヶ所の文学紀行を楽しみました。

犬吠駅の近くで海鮮料理を食べてから、また犬吠駅に行って銚子電鉄に乗り、少し銚子市の方向に戻ります。銚子電鉄の一日乗車券を買ったので、使って元を取ろうというわけです(^_^)


竹久夢二・宵待草

 海水浴場があるので有名な海鹿島駅で降りて、海岸の方向に少し歩くと、明治から大正にかけて活躍した画家・詩人竹久夢二の詩碑がありました。詩碑の碑面には、あまりにも有名な 「宵待草」 の詩が彫られてありました。

      待てど暮らせど来ぬ人は  人気blogランキングへ
         宵待草のやるせなさ
            今宵は月も出ぬそうな   竹久夢二

竹久夢二・宵待草

 若いころ新聞記者をしていた夢二は、明治43年にこの海鹿島の旅館でひと夏を過ごしました。そのとき、旅館の近所に住むカタという娘と恋仲となりました。この詩は、そのときの夢二のカタへの思いを反映したものとされます。

土地の人に教えていただいたのですが、宵待草とは月見草とよく似ている花で、それより花が小さく、控えめな野の花でした

この詩は、大正7年に多忠亮の作曲により歌謡曲となり、大正デカダンスのかげりのあるメロディーに乗って全国津々浦々まで広まりました。私どもが子供のころ聴いたこの曲のレコードは、なんと女優の高峰三枝子さんが歌ったものだそうです

私どもが訪れたときは、ちょうどカンナの花が詩碑の前で華やかに咲き誇っていました。その向こうの詩碑の中で、夢二の肖像がややうつむき加減で海の方向を見ていました。


文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/30(水) 06:42)

<<葉しょうが | ホーム | 青山墓地・忠犬ハチ公碑>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/199-f3495a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア