実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 京都 ・ 金閣寺
金閣寺

 京都の桜の名所平野神社でさまざまな桜を楽しんでから、そう遠くないところにある金閣寺に向かいました。
平野神社からバスで2停留所ぐらいということで、ぶらぶらと歩いてもいける距離ですが、せっかく京都市バスの一日券を買ったので、その元を取ろうとバスに乗っていきました(^_^)

金閣寺は、もともと足利三代将軍義満がつくった別邸でしたが、義満の死後、その子義持により禅寺とされ、義満の法号にちなんで 「鹿苑寺」 と呼ばれるようになったそうです。

三島由紀夫の小説で知られているように、金閣寺は太平洋戦争後の昭和25年に寺僧の放火により焼失しましたが、その後関係者の努力により昭和30年に再建されました。1994年には、金閣寺は古都京都の文化財として世界遺産に登録されました。

バス停のすぐ近くにある山門をくぐり、長い参道を歩き始めると、さすがに世界遺産らしい堂々たる寺格を感じます。
禅寺だからでしょうか、境内には桜の木がほとんどなく、かえでなどの落葉樹が多いようです。私どもがいった4月はじめには、それらの木々はまだあまり芽を吹いていませんでした。秋の紅葉のときは、さぞかし見事な景観になることでしょう。

参道をしばらく進むと、急に目の前が開け、大きな庭池の向こう岸に金色まばゆい三層の金閣が見えてきました。
大昔、修学旅行でここに来たはずなのですが、まったく記憶がなくなっていました。幸い快晴に恵まれ、鏡湖池という池のほとりにそびえるきらびやかな楼閣に目をうばわれて、ただ感嘆するのみでした。

        池に映え     人気blogランキングへ
           金閣照らす
              春陽かな

旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2017/05/26(金) 06:45)

<<東京モスク (3) | ホーム | 玄海原発再稼働へ>>

コメント
 
記事には直接関係のないコメントで失礼します。
英語による俳句は世界に広がっています。そんな様子を私の現代俳画ブログで紹介しています。一日一点のペースで更新中。お立ち寄りください。
URL | 水夫清 #I7YCHkPE | 2008/05/11(日) 20:38 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/159-047e5904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア