実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 イタリア旅行 アテネの学堂
アテネの学堂

 ヴァティカン美術館は、総面積が4万2000平方メートルもある巨大な美術館です。私どもは、ホテルから朝一番で美術館に向かいましたが、入り口にはもうすでに長い列ができていました。

このヴァティカン美術館を代表する作品となると、やはり上図のラファエロの傑作 『アテネの学堂』 ということになるでしょう。大天才ラファエロが27歳の若さで描いた作品で、ヴァティカン美術館「署名の間」の壁全体を占める大作です。

巨大なアーチの下の学堂を描いたこの作品で、中央の二人のうち、左側は古代ギリシャの哲学者プラトンで、天を指差して「イデアの世界」を示しています。これはラファエロが尊敬したレオナルド・ダヴィンチをモデルとしているとされます。

一方中央右側の人物はプラトンの弟子アリストテレスで、手で地を指し、経験主義の理念を示しています。こちらは同時代の彫刻家・画家ミケランジェロをモデルとしているといわれます。

ラファエロのそれら2人の大天才に対する深い敬意が、この作品の中に見られます。また、作者ラファエロ自身も、画面左端の人物として登場しているそうです。

        哲人は
           アテネの春に         人気blogランキングへ
              集いけり

海外旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2013/04/10(水) 06:39)

<<ボストンの悲劇 | ホーム | ホリエモン仮保釈で塀の外へ>>

コメント
 
イタリアいいですねー!
いつか是非行きたいです。
歴史の浅いオーストラリアにいると、歴史と文化の濃い地域に行きたくなります。
アテネの学堂、有名人が勢ぞろいですね。
本物を見たら、感激もひとしおでしょうね。

URL | 脳天気 #lA3BLie6 | 2006/04/27(木) 18:44 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/150-d383b15b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア