実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 中川一政美術館
中川一政美術館 真鶴・三ツ石海岸で早春の海を楽しんだあと、また岬の崖道を登り、ケープ真鶴に戻りました。

次にもう一つの目的地中川一政美術館にバスで行こうとバス停で調べると、ほんの少し前にバスが出てしまったのがわかりました。

美術館まで歩くと15分ぐらいとのことで、ちょうどよい散策に思われました。そこで、美術館に向かってのんびりと岬の尾根筋の道を歩き始めました。

道筋はうっそうと繁った自然林ですが、その樹間からはるか下方に真鶴半島に打ち寄せる波が白く砕けるのが見えました。

中川一政画伯は、1893年(明治26年)生とのことで、作家吉川英治さんとほぼ同じころの生まれです。終戦後まもなくこの真鶴町にアトリエを構え、以降地元真鶴、箱根や桜島などのダイナミックな風景画を多数制作しました。また、生涯にわたり大変花を愛し、バラ、ひまわり、椿など色彩豊かな花の絵画も多数制作されました。

平成3年に97歳の長寿を全うされて生涯を終えましたが、90歳ぐらいまでは、方々にイーゼルをかついでスケッチに出かけていたそうです。

        バラの絵に      人気blogランキングへ
           岬の陽光
              満ちみちて

美術 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/04/30(水) 06:43)

<<歩きスマホはけがのもと | ホーム | 馬事公苑・八重桜>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/111-4055034b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア