実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 咳の子のなぞなぞ遊び
咳の子のなぞなぞ遊び


     咳の子の       人気blogランキングへ
       なぞなぞ遊び        
         きりもなや   中村汀女

 最近子供のインフルエンザが流行しているようですが、上掲は中村汀女の有名な俳句で、風邪を引いた子供が寝つかず甘えている様子が実に巧みによまれています。

私どものウェブサイトに、吉川英治さんが親友宮田重雄さんの娘さんの結婚式に贈った俳句について掲載したところ、思いがけずその新婦の娘さん(宮田重雄さんの孫になります)からメールをいただきました。ロンドンでインターネットを検索していて、私どものウェブサイトを見つけたのだそうです。

そのメールで、その方のお母さん(上記結婚式の新婦さんです)の俳句をいくつか教えていただきましたが、その中に次の俳句がありました。

     熱の子に      人気blogランキングへ
       唄いつくして
         夏の月    宮田重雄さんの娘さん

 風邪の子を看病する母の心は、時代をこえ、洋の東西をこえてまったく変りません。その母心から、思わずこのような俳句を詠んだのでしょう。


文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2018/02/14(水) 06:40)

<<増上寺・四菩薩石像 | ホーム | 兄弟で雪だるま>>

コメント
  インフルエンザ
しばらくです。
ウチの子も風にやられて、近くの病院にいきました。
最近は例の新型インフルエンザというのがこわいので、少し熱が高いと、インフルエンザかどうかという検査をするようです。
よくヨーロッパの小説に出てくるスペイン風邪というのは、当時のインフルエンザだったそうですね。

また参ります。
URL | お近くさん #Tj4FbPWQ | 2006/02/04(土) 07:05 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://minorino.blog31.fc2.com/tb.php/101-7d2107e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア