実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 動物フェスティバル・ビクーニャ
ビクーニャ 東京都世田谷区の環状8号線沿いの砧公園で、毎年11月初めに 「動物フェスティバル」 というお祭りが開催されます。

秋の一日、動物ふれあい教室、ポニーの演技、ミニ動物園などさまざまな催しが行われ、多数の来場者で賑わいます。

砧公園への交通は、東急田園都市線用賀駅から徒歩(約15分)、あるいは小田急成城学園前駅からバスがよいでしょう。

 動物フェスティバルのミニ動物園では、さまざまな動物が金網の囲いの中に入れられており、手を伸ばして動物に触れることもできます。やぎ、ひつじ、あひる、うさぎなどが毎年ここに集められてきます。また、大きなふたこぶラクダもこの動物園の常連です。

 このミニ動物園で、ときどき非常に珍しい動物を見ることもあります。今年は、上の写真の 「ビクーニャ」 という珍獣に出会いました。
南米原産でラクダの仲間だそうですが、やはりラクダと同じようにすらりと首が長く、その先に小さな頭がついています。足も細くて長く、非常にスタイルのよい動物です。

ビクーニャは、毛が高級セーターやショールなどに使われるので有名なアルパカに近い動物だそうですが、アルパカよりずっと数が少なく、また一頭あたりの毛の量が少ないため、ビクーニャの毛でつくったショールなどの製品は非常に高価だということです。
それでも、毛が繊細なため製品が美しくしかも軽くて暖かいので、女性の間で大人気だそうです。

        ビクーニャは         人気blogランキングへ
           高級ショールの
              肌触り


年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/11/27(日) 07:07)

 樋口一葉忌
樋口一葉

 明治の女流作家樋口一葉は、明治5年(1872年)に今の東京都千代田区内幸町で生れました。明治の作家のなかでは森鴎外より10年後、夏目漱石より5年後の生まれ、また作家・詩人島崎藤村と同年、俳人高浜虚子より2年早い生まれとなります。

最近では樋口一葉の肖像画が5000円札に使われ、私どもの日常生活でいつも目にするようになりました。樋口一葉は24歳の若さで亡くなりましたが、本日11月23日がその忌日です。

上の写真左は台東区の一葉記念館にあったもので、高名な日本画家の作だそうです。樋口一葉の肖像画というのは、私はこれまでにいくつか見たことがありますが、いずれもきりっとした中高、細面で描かれています。やはり武士の血筋でしょうか。

名作 「たけくらべ」 が書かれたのは1896年(明治29年)のことで、一葉はまだ24歳でした。この作品では、一葉は流麗な長文で主人公美登利の姿をさまざまな場面に応じた色彩で描き分けています。

大人の世界に足を踏み入れる少女の心の揺れ動く様子が、女流作家ならではのデリケートな陰影で表現されています。
昔読んだ林芙美子の初期の短編に、どこかこれに近い世界が描かれていたのを思い出しました。

        廓(くるわ)の水       人気blogランキングへ
           美登利を染めぬ
              暮れの春


文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:2 | レス:2
(2016/11/23(水) 07:06)

 動物フェスティバル ・ らくだ
動物フェスティバル・らくだ

 東京都世田谷区の環状八号線沿いにある砧(きぬた)公園で、毎年11月初めに「動物フェスティバル」というイベントが開かれます。

このフェスティバル会場内に毎回 「動物ふれあい教室」 というコーナーが設けられ、めずらしい動物を身近に見ることができるとあって子供たちの人気を集めています。

会場内を歩いていて、周りの人たちが騒ぎ始めたのでふと見ると、なんと大きなフタコブラクダが運搬車からおろされたのが見えました。
褐色の肌をした外国人のラクダ使いに牽かれて、広い公園の芝生の上を動物フェスティバルの会場に向かってゆらりゆらりと歩いてきます。

それを目ざとく見つけた子供たちが、歓声をあげて公園の方々からラクダのほうに走りよってきました。

動物ふれあい教室のスペースに着いたらくだは、しばらくすると、子供たちにサービスするのに飽きたのか地面に座りこんでしまい、牛と同じように口をもぐもぐさせて反芻をしていました。
風に乗ってあたりを飛び回っていたあきつ(赤とんぼ)が、座り込んだらくだのこぶに来てちょんととまりました。

        風なぎて         人気blogランキングへ
           あきつ止まりぬ
              らくだの背


年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/11/19(土) 06:54)

 吹奏楽コンサート
吹奏楽コンサート

 世田谷区の馬事公苑の近くに、駒澤大学付属高校という学校があります。この高校の吹奏楽部は全国でも指折りのレベルの高さを誇っており、今年は東京都の大会で銀賞を獲得したそうです。

毎年10月末に駒澤大学付属高校の文化祭が催されますが、そのとき同校吹奏楽部が ポップスコンサート をするという話を聞いたので、はじめてこの高校を訪れました。
私は、クラシックのコンサートにはときどき行きますが、本格的な吹奏楽のコンサートはこれが初めてでした。

今回のコンサートは、「オーメンズ・オブ・ラブ」 という曲で始まりました。フュージョン・グループ 「ザ・スクエア」 のキーボード奏者が作曲したものだそうで、現在は吹奏楽の人気曲目となっています。なんと、クラッシク・オーケストラ用に編曲された版もあるそうです。

この曲には壮大な序奏がありますが、130名あまりの吹奏楽団が演奏する序奏は強大な力に満ちており、私どもはいっぺんに吹奏楽の魅力にとりつかれました。さすがに評判どおり、駒澤大学付属高校吹奏楽団の演奏は堂々たるものでした。

        ブラスの音       人気blogランキングへ
           手拍子を呼び
              秋熱し


音楽 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2016/11/15(火) 06:31)

 アメリカの大言壮語家
 私は昔から映画が好きで、テレビで放映されるヨーロッパやアメリカの名画をよく観ています。少し前に、久しぶりに放映されたアメリカの戦争映画 「パットン大戦車軍団」 を楽しみました。
パットン将軍は、第二次世界大戦のアフリカ戦線でドイツのロンメル将軍の戦車軍団を撃破し、その後ヨーロッパ戦線でドイツ軍を追ってベルリンまで進撃した軍人です。

ジョージ・パットンは何代も続く軍人の家系に生まれ、ウェストポイント陸軍士官学校を卒業後、第一次世界大戦でヨーロッパ戦線に参加し、戦功をあげました。

三茶 de 大道芸

 その後上記の第二次世界大戦での輝かしい戦功でヒーローになりましたが、戦争終結後当時東ヨーロッパの支配をねらっていたソビエト連邦を攻撃するのを主張したために、連合軍司令官アイゼンハワー将軍によって解任されました。

パットン将軍は自分でも 「死ぬほど戦争が大好きだ」 といってはばからなかったということです。また、一生を通じて放言・暴言が多く、さまざまなトラブルを引き起こしました、ところが、パットン将軍を主人公とする映画が制作されたのでわかるように、やはりアメリカ人の中ではパットンのような強烈な個性を称賛する風潮があるのです。

この11月8日にアメリカ合衆国大統領選挙が行われ、共和党から出馬したドナルド・トランプ氏が接戦を制して第45代大統領に当選しました。トランプ氏は共和党の指名獲得争いのステージから過激な発言が目立ち、国民やメディアからも暴言と非難されることもたびたびでした。

三茶 de 大道芸

 そのため、今回の民主党・クリントン候補との大統領選では、メディアの予想ではクリントン候補が過半数を大きく超える280余りの選挙人を獲得して圧勝するだろうとされてきました。

ところが選挙戦がふたを開けてみると、トランプ氏の支持票は非常に根強く各地で接戦のすえクリントン候補を破るケースが続出しました。結局トランプ氏は、選挙前のメディアの予想とは逆に280余りの選挙人を獲得して圧勝となりました。

この結果について、選挙の専門家は 「隠れトランプ支持層」 が非常に多かったためと説明しています。これまで8年間の民主党政権の間に、国民の間には不満や閉塞感が鬱積していたのでしょうか。

それとともに、私には上記第二次大戦時のパットン将軍と同じようなタイプの強烈な個性を歓迎する風潮が現在のアメリカ国民の間にも幅広く存在すると思われてなりません。

        長き夜に           人気blogランキングへ
           壮語の尽きぬ
              大統領


その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/11/11(金) 07:18)

 三茶 de 大道芸 ・ 曲芸師
三茶 de 大道芸

 若者の街といわれ、人気の高い世田谷区三軒茶屋では、毎年10月の末に 「三茶 de 大道芸」 というイベントが開催されています。

上の写真左は、三軒茶屋のNTTビルの駐車場で見た曲芸です。アメリカ人でしょうか、ちゃんとした英語を話す芸人でした。

このおじさんもなかなか芸が多彩でしたが、写真のときは高い一輪車の上で短剣を3本お手玉のように投げたり捕ったりしながらなにか他の芸もやるというめまぐるしいものでした。
短剣を投げたり捕ったりしながらポケットからりんごを取り出し、ぱくっとかじってもぐもぐと食べていました(^_^)

写真右は、別のジプシー風の芸人です。観衆の中にいた日本人青年のところにゆき、自分の芸の助手をしてくれるように頼みました。

その青年が芸をしている芸人の横に立ち、芸人の頼みに応じて近くに置いてある円筒などいろいろなものを取って芸人に渡します。
それら円筒などを次第に積み上げて行き、このように高くなった上で、巧みにバランスをとっていろいろな芸を見せていました。

今回はフランス、ベルギーなど世界各国から大道芸人約30組がここに集い競演したそうで、観客は15万人を超えたということです。

        秋風に           人気blogランキングへ
           金髪なびく
              曲芸師


四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/11/07(月) 06:36)

 ファイターズ日本シリーズを制す
ファイターズ優勝

 本2016年の日本シリーズは、日本ハムファイターズが鮮やかな逆転劇で広島カープスを破って日本一となりました。
本ブログの古い記事を調べて、日本ハムファイターズが前回に日本シリーズを制した2006年当時の記事を見つけました。以下はその2006年の記事からの引用です。

      ---------------------------------------
 2006年の日本シリーズは、日本ハムファイターズが中日ドラゴンズを4勝1敗で破って制覇しました。
9回表、中日の最後のバッターが外野フライに討ち取られると、ファイターズのメンバーは全員ダッグアウトを飛び出してグラウンドに集まりましたが、次の瞬間チームきっての人気者新庄剛選手がつかまってヒルマン監督より先に全員によって胴上げされました。

        秋夜燃ゆ
           SHINJO三度(みたび)   人気blogランキングへ
              宙を舞ひ

 新庄選手はかねてより今シーズンかぎりで野球選手を引退すると表明しており、この試合が野球選手としての最後の舞台となりました。
それをチーム全員でねぎらうという意味もあったのでしょうが、それよりもやはりチームのムードメーカーとしての新庄選手の存在の大きさがメンバー全員にもそして球場内外のファンにも認められていたのが大きかったのではないかと思います。

私も長年プロ野球を見てきましたが、このような華やかな存在感のある選手というのは他に知りません。新庄さん、日米両方の球界で長年の活躍、お疲れさまでした。今後、野球界を離れてどのような活躍を見せてくれるか、大いに楽しみにしています。
      --------------------------------------

本2016年の日本シリーズは、日本ハムファイターズが日本一となりましたが、惜しくも優勝を逃した広島カープスにも上記新庄剛選手と同じような華のあるプレーヤーがいました。日米両球界で活躍し、通算で203勝をあげた大投手黒田博樹さんです。

黒田さんはペナントレース終盤に今シーズン限りの引退を表明していましたが、その後日本シリーズの第3戦にも登板し、力強いピッチングでファンの喝采を浴びました。

来シーズンからはマウンド上で黒田さんの姿を見ることはできなくなり、大変さびしく思いますが、今後は黒田さんは後進の指導などで球界の発展に尽くしてくれるのでしょう。

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2016/11/03(木) 07:17)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア