実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 熊本の彼岸花
 2016年4月14日、熊本県で最大震度7の地震が発生しました。この大地震により、熊本地方では9人の方々が死亡し、1000人を超える人々が負傷したとのことです。大地震によって亡くなられた方々に、深くお悔やみを申し上げます。

熊本の彼岸花 熊本市のある熊本県中央部の地震が激しく、熊本市の東側に隣接する益城町では震度7の激震を観測しました。

その28時間後の4月16日1時、益城町はまた震度7の激震に襲われました。この地震は、1995年(平成7年)に発生した兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)と同しくらいの規模ということです。

 益城町をはじめ、熊本地方で震災からの復旧が進み、住民の方々が早く以前の生活を取り戻せるよう、お祈りいたします。

さて、その益城町では木山川という川の土手に咲く彼岸花がこの地方の名勝になっているそうです。この木山川は、今回の熊本地震の原因となった「布田川断層」に沿って流れている川です。
大地震の爪痕が益城町のほうぼうに残るなか、今年も木山川の土手やその近くのあぜ道などに彼岸花が2kmにわたって鮮やかな花の列をつくりはじめました。


熊本の彼岸花

 その彼岸花の景観をテレビニュースで見て、私は熊本市出身の俳人中村汀女の彼岸花の俳句を思い出しました。汀女は、俳句を現代の女性の間にこれだけ普及させた功労者の筆頭といわれる人です。

        曼珠沙華       人気blogランキングへ
           抱くほど採れど
              母恋し    中村汀女

中村汀女は、明治33年(1900年)に益城町に近い熊本市東部に生まれました。熊本市中央部にある熊本高女に進学して、上の曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の俳句を詠みました。

汀女さんも当時はまだうら若き乙女で、高女の寄宿舎でホームシックに悩んだようですね。子供のころ、隣町の益城で見た彼岸花の景観を思い出したのでしょうか。

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/09/28(水) 06:58)

 ボールくわえて
犬とボール
 私の住む世田谷区は、犬の登録頭数は東京23区でもっとも多いそうです。
家の前の道路は、自動車の交通量がそれほど多くないので、犬を散歩させる飼い主さんが朝夕にたくさん通ります。

最近は海外からさまざまな種類の犬が入ってきて、この道路で私にはわからない珍しい犬種のものも見かけるようになりました。

 上の写真のワンちゃんは、ポーリッシュ ローランド シープドックという種類だそうです。ポーランド系の種類とのことですが、名前が少し長いのでポンという略称でよばれることもあるようです。

ポンはもともと名前の通り牧羊犬だったそうですが、賢い犬種なので最近では介護犬として活躍することも多いということです。

ぬいぐるみのように毛が長く、目にもかかった毛の間からこちらを見ている様子がとてもかわいかったので、写真を撮らせていただきました。

私がカメラを構えたところ、ワンちゃんはいきなり飼い主さんが持ってきて目の前に置いてあった赤白のボールをくわえてポーズをとりました。

        秋うらら         人気blogランキングへ
           ボールくわえて
              気取る犬

私は、このようなワンちゃんの写真を集めたウェブサイトも運営しています。どうぞ、こちらをご覧ください。

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/09/24(土) 07:27)

 高尾山 ・ ケーブルカー
高尾山・ケーブルカー

 関東指折りの古刹である高尾山薬王院は、奈良時代の8世紀半ばに聖武天皇の勅命により高僧行基によって創建されたとされます。
行基が薬師如来像を刻んでこのお寺の本尊として安置したことから、薬王院の名がつけられたということです。

京王帝都線の高尾山口駅で下車して5分ほど歩くと、高尾山麓のケーブルカー清滝駅につきます。余談ですが、水がよいせいかこの町のそばがとてもおいしいので、お昼はここで食べるとよいでしょう。

ケーブルカー清滝駅の近くに登山道の入口があり、健脚の皆さんや信仰登山の方々は、そちらを登ります。登山道はだいぶけわしい山道で、入り口から山頂まで登るのに1時間半ほどかかるそうです。

清滝駅で乗ったケーブルカーが登りはじめてまもなく、中間点で山頂駅から下ってきたケーブルカーと行き違います。この部分では上の写真に見られるようにケーブルカーの軌道が複線になっています。

その上方にケーブルカー軌道の最も傾斜の急な部分が見えてきましたが、この部分のケーブル軌道は日本一の急勾配で、斜度は31度18分もあるそうです。私どもはそれを見て、やはりこの山の登りはケーブルカーで行くのが正解だったとさとりました(^_^)

日本有数の植物の種類がある高尾山の緑の中を登って行ってその急勾配にさしかかると、急に山の涼気に包まれたように感じました。

        遊覧車        人気blogランキングへ
           登りて涼に
              つつまれぬ

旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:1
(2016/09/20(火) 06:39)

 百日紅
百日紅

 本2016年の夏は、例年にも増して太平洋高気圧が強勢であったとのことで、日本列島はほぼ全域にわたって厳しい暑さにさらされました。

私どもが住む関東地方では、7月半ばに梅雨明けしてから2ヶ月あまりほとんど雨が降らず、連日30度以上の猛暑が続きました。

例年も、夏の終わりには日照りにより夏の花々はあらかた散り、ひまわり、むくげ、百日紅などほんの少数が生き残るだけになります。今年は、少雨によりそれら花木も花はもとより木そのものも枯死寸前になり、町や公園を歩いても見かけることが少なくなりました。

家の近くにある横丁を久しぶりに通ったところ、横丁に面した家の庭に百日紅の大きな木があり、まだ大きな紅い花が青い夏空をバックに燃えるように咲き誇っていました。

お昼ごろだったので陽光がその木のほぼ真上から照っていましたが、近寄ると、その下に木の陰がほとんど見えないのに気がつきました。
横丁全体に強い真夏の陽光があふれてまわりの塀やら道路面などに反射してくるので、百日紅の木の陰も照らされて薄れているのです。

俳句の夏の季語には 「炎暑」 というのがありますが、まさに真夏の陽光の力をまざまざと見る思いでした。

        百日紅      人気blogランキングへ
           燃える小道に
              陰はなく

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/09/16(金) 06:35)

 災害用備蓄食
災害用備蓄食

 大正関東地震が起こってから93年が経過しましたが、最近にいたり、また関東地方で巨大地震が近い将来に発生する恐れがあるという研究発表がたびたび聞かれるようになりました。

私どもは、飲料水とともに、最低限の非常食を確保・備蓄しなければならないでしょう。日ごろ食べている白米を備蓄できれば安心感がありますが、米屋に訊ねたところ、普通の白米はとても長期間の保存はできないということでした。

(1) パック詰め米飯
 スーパーなどで、上の写真左端のパック詰め米飯を販売しています。いい米を使った製品はまずまずの味なので、私どもはよく買って食べています。調べると、これは半年間保存できるのがわかりました。

(2) うどん、そばなどの乾麺
 うどん、そばなどの乾麺は、たいてい1年間くらいは保存できるということです。私どもは麺類が好きでよく食べるので、これは大変心強い話です。少しまとめて備蓄しようと思い、どの製品がよいか現在スーパーなどで売っている製品を少しづつ買っては味を試しているところです。

(3) そうめん
 同じ乾麺でも、そうめん(上の写真右端)はなんと2年間くらいは保存できるということです。なぜこのように長期間の保存ができるのかわかりませんが、私どもはそうめんも大好きなので、大変有難く思います。

これら保存性の高い食品を取り混ぜて、私ども家族が災害発生後少なくとも1週間はしのげるくらいの備蓄をするつもりです。水のほうは、ペットボトル水を少なくとも20リットル分は備蓄する予定です。

このように食品を備蓄しても、もし大災害で電気もガスも使えなくなったら煮炊きはどうするかという問題はありますが、・・・・・・。
それは、また別に考えることにしましょう。

        防災の日      人気blogランキングへ
           乾麺備蓄
              本年も

IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/09/12(月) 06:45)

 茹でとうもろこし
うでとうもろこし

 夕食時の楽しみ晩酌のさかなはさまざまですが、私の家では夏は三日に一度はとうもろこしが登場します。私は千葉県の田舎の産なので、子供のころからとうもろこしをよく食べました。

現在のとうもろこしはハニーという甘い品種が主流ですが、昔のとうもろこしは甘みが薄くてサイズが大きいものが大多数でした。飼料用品種の系統のとうもろこしだったのかもしれません。

甘みの薄いとうもろこしは、しょうゆを塗ってこんがりと焼くのが一番です。秋の気配が濃くなった青空を見上げながら、香ばしい焼きとうもろこしをほうばったのを思い出します。

現在スーパーなどで販売されているとうもろこしは、甘みが強いので、茹でて塩をつけて食べるのが向いています。このような簡単な食べ方なので、とうもろこしの鮮度が決め手になります。

私どもは、スーパーの前に自動車をとめて販売している八百屋さんから買っています。毎日千葉の生産地で朝採りしたものをもってくるそうで、値段はスーパーより少し高いですが新鮮さがまるで違います。

茹でとうもろこしは、優しい味と香りがビールにも日本酒にもウィスキーにもとてもよく合います。一口食べて、思わずにっこりです。
茹でたとうもろこしにつける塩にもこだわっています。我が家では、海水から採った自然塩や岩塩を使っていますが、これらはぴりぴりと塩辛くなく味に奥行きがあります。

        塩つけて      人気blogランキングへ
           もろこし甘し
              コップ酒

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/09/08(木) 06:27)

 飲料水の備蓄
飲料水の備蓄
 93年前の9月1日、神奈川県南西部を中心とする震源域から発生した巨大地震が関東地方を襲いました。

また、5年前の3月にはマグニチュード9の巨大地震が東北地方沖合いで発生しました。
その巨大地震により、東北地方で多数の家屋が倒壊したのみならず大規模な津波で原発が崩壊するなどの深甚なる被害が発生しました。

私どもは、個人レベルでもできるだけそれら今後起こりうる巨大地震に対する備えをしようと思っています。その場合、まず最初に必要なのが最低限の飲料水を確保・備蓄することでしょう。

成人は普通最低でも一日1リットルの飲料水が必要とのことです。私どもは、夫婦2人の家庭なので、一日2リットルの飲料水が必要になります。大災害に備えてその飲料水を10日分確保するには、何らかの方法で20リットル分の備蓄が必要になります。

私どもは、どのようにそれを備蓄するか考えていましたが、たまたまあるドラッグストアの前を通りかかったところ、その店頭に 「79円」 という値札が付いたペットボトルがたくさん並べてありました。

店員に訊くと、2リットル入りの水で、密封してあるので2年間水質を保てるそうです。これで水を備蓄しようと決め、まず5本ほどを買って家に持ち帰りました。これでとりあえず目標の20リットルのうち10リットルを確保したことになります。

今後は、このような安売りのペットボトル水を見かけるごとに買い増して、平均して1ヶ月に1本ずつ増やしてゆこうと思います。
そのように備蓄していて2年間の賞味期限を過ぎたペットボトル水は、もう飲用にはできないので、物置に入れて万一の時には顔を洗うなど雑用水に使おうと考えています。

       残暑厳し         人気blogランキングへ
          地震(ない)を恐れて
             水備蓄

IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/09/04(日) 06:47)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア