実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 リオ・オリンピック閉幕
 ブラジル・リオデジャネイロで17日間にわたって開催された夏季オリンピックは、8月21日午後8時(ブラジル時間)から、リオデジャネイロのオリンピック・スタジアムで閉会式が華やかに行われました。

私どもは、テレビでその様子を見ていて、無事オリンピックを終えることができたブラジル国民の皆さん、そして世界中から集まったスポーツファンの皆さんとともに、スポーツを通じた世界交流の推進、世界平和への願いを共有する思いでした。

リオ・オリンピック閉幕

 この大会では日本選手団の活躍が目立ち、連日「何十年ぶりのメダル獲得」というような成果の報道に日本の私どもも大いに沸き立ちました。最終的には、本大会のメダル獲得数は41にも達し、これまでの最高であったロンドン大会のメダル獲得数38を3つ上回りました。

大会が始まってすぐ、競泳競技で男子選手、女子選手が大活躍し、金メダルなどメダルを相次いで獲得しました。それが日本選手団全員を大いに勇気づけ、その後の各競技で次々とよい成果が挙げられました。

 閉会式の会場に入場する日本選手団の皆さんも全力を尽くして競技を行い、立派な成績を挙げたというプライドと安ど感を体全体から発散させていました。みなブラジル国旗と日本国旗を手に晴れやかな表情で客席に向かって手を振りながら行進していました 。

 さて、次回2020年の夏季オリンピックは私ども、日本の首都東京で行われます。閉会式の最後では、夏季オリンピックの旗がリオデジャネイロ市から日本・東京都にリレーされる引継ぎ式が行われました。
先月就任したばかりの小池東京都知事が和服姿で登場し、リオデジャネイロ市から受け取った旗を力強く振っていました。

リオ・オリンピック閉幕

 ブラジルではここ数年来経済危機が続き、またブラジル大統領が政府会計粉飾の責任を問われて職務停止となるなどで一時は夏季オリンピックの開催が危ぶまれましたが、最後はブラジルの底力を見せてオリンピックをまずまず立派にやり遂げました。

それに続いて、今度は日本・東京が夏季オリンピックに向かって総力を挙げる姿勢を世界に対して示す必要があるでしょう。

         花火とショー       人気blogランキングへ
           五輪の夏を
              惜しみけり

海外旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/31(水) 07:22)

 草津白根 ・ ヤナギラン
ヤナギラン
 私どもは群馬県草津にはよく行きますが、今回は久しぶりに真夏の草津を訪れました。

バスでホテルの玄関に着くと、ホテルの屋根越しに草津白根山の巨大な山容が夏空をバックにそびえていました。

翌朝、まずホテルのマイクロバスで草津の町に下り、バスターミナルで白根山頂行きのバスに乗りました。

やがて、バスは白根ロープウェイの山麓駅に着きました。このあたりは標高がすでに1500m もあり、駅の近くに高山植物ヤナギランのお花畑があって夏には見事な景観になります。

バスを降りて、駅の背後にそびえる青葉山の山腹にあるヤナギランの群生地に向かいました。歩き始めてまもなく、青葉山の山腹にピンクのヤナギランの大群落が広がっているのがみえてきました。

ヤナギランの花は上の写真のように蘭を思わせる形ですが、ランの種類ではなく、葉の形が細長くて柳に似ていることからヤナギランの名がついたということです。

       ヤナギラン         人気blogランキングへ
          白根の雲に
             溶けいりて

ヤナギランは、優しい見かけによらず非常に強い生命力を持っており、山火事・森林火災や火山の噴火の後に他の植物に先んじて根を下ろし花を咲かせるので、英語では Fireweed (火の草)と呼ばれます。

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/27(土) 06:45)

 うなぎエレジー
うなぎ

 数年前、南洋マリアナ諸島海域で東京大学の水産調査船が卵から孵化したばかりのうなぎの稚魚を採取したというニュースを目にしました。

昔からこの海域が日本の川に遡上するうなぎの稚魚が孵化する場所ではないかといわれましたが、ついにそれが確認されたことになります。
水産学上の大きな謎の一つがようやく解明されたとのことです。

数年前から、今度は東南アジア各地で採取されるうなぎの稚魚(シラス)が記録的な不漁になったというニュースが伝えられました。
このため、日本をはじめ中国、台湾など主要産地で十分な量のうなぎを養殖できなくなり、蒲焼用のうなぎが極端な品不足に陥りました。

その結果、うなぎ成魚の価格が高騰し、鰻屋ではやむを得ず蒲焼を値上げしたり、蒲焼のサイズを小さくしたりという騒ぎになりました。

        身を縮め         人気blogランキングへ
           高値をわびる
              うなぎかな

上記のように、最近の研究でうなぎの稚魚が孵化する場所が特定され、うなぎが成育する条件が次第に明らかになりました。
このうなぎの研究をさらに推し進めてうなぎの人工孵化に成功すれば、本年のようにシラス不足でうなぎ成魚が極端な品不足になるという事態も避けられるかもしれません。

その研究の成功により、うな重が庶民の手に届くくらいの値段になるのを楽しみに待ちましょう。

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/23(火) 06:36)

 世田谷区民まつり
 毎年8月の初めに、世田谷区にある馬事公苑で世田谷区民まつりというイベントが行われます。これは正式には 「世田谷ふるさと区民まつり」 という名前だそうで、

    "みつけよう 心のふるさと   ひろげよう 心のふれあい"

という呼びかけで 「ふるさと世田谷」 で共に暮らす人々の連帯感や郷土に対する愛着心を高めるのが主旨です。

世田谷区民祭

 本年はその世田谷区民まつりの39回目にあたり、天候にも恵まれた8月6日(土)、8月7日(日)の2日間で夏休み入りした子供たちをはじめ約28万人の方々が馬事公苑の会場を訪れました。

世田谷区民まつりは、馬事公苑と馬事公苑の正門の前にあるけやき広場を会場として開催されます。馬事公苑では正門を入ると広い通りが苑内を貫いていますが、その通りの両側には各種の出店がすき間なく並び、来場した人々がゆっくりと歩きながら出店の商品を物色したり、食べ物を買ったりしていました(上の写真)。

門から入るとすぐ、昔懐かしい祭囃子の音が聞こえてきました。よしず張りの小屋に紅白の幔幕が張られていて、その中で笛太鼓の一団が熱演中でした(下左の写真)。馬事公苑近くの各地区の祭囃子グループが次々にこの舞台に出演して、自慢の囃子を披露しているようです。

世田谷区民祭

上右の写真は、おなじみのサザエさん一家をデザインした山車です。馬事公苑の最寄り駅田園都市線桜新町駅の近くに 「サザエさん通り」 という商店街があります。「サザエさん」の作者長谷川町子さんがそこに住んでいたので、この名がつきました。その商店街からの参加でしょう。

         サザエさんの       人気blogランキングへ
           山車(だし)も飛び入り
              夏祭り

年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/19(金) 06:42)

 稲作柄2016年
稲作2016

 全国的に記録的な猛暑が続く中、本2016年の盆休みとなりました。墓参りのため、私の郷里千葉県九十九里地方に電車で帰り、田の中道を実家に向かって歩き始めました。

この時期には千葉県房総の早場米地域では、すでに稲の収穫をしているところもあります。私どもの実家のあたりでも田の稲穂は上の写真のようにだいぶ大きくなって重く垂れさがっていました。田の道を歩くと、人の気配に驚いたイナゴが稲穂の間を盛んに飛び交います。

専門機関の調査によると、本2016年の水稲作柄は全国的にほぼ順調で、全国の作況指数は100の「平年並み」が予想されるとのことです。関東地方では利根川水系で水不足により一部取水制限がありましたが、稲作にはそれほどの影響はありませんでした。
水稲はもともと熱帯の植物なので、その生育には日照が必要です。少々の降雨不足には耐えられるということです。

本年の夏はこれまで台風が少なく、7月3日になりやっと台風1号が発生しました。その後いくつかの台風が日本近海で発生しましたが、幸いにもみな日本の本州からは外れたコースをたどったため、稲作にはまったくダメージはありませんでした。

しかし、昨日8月14日に日本の東南の海上で発生した台風7号は、その後次第に発達しながら本州の中央部に向かって北上しています。今後の台風7号の動向が心配で、ときどきウェブサイトをチェックしています。

        田の道を         人気blogランキングへ
           実家に向かう
              盆休み

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/15(月) 06:25)

 飼い主は昼寝
飼い主は昼寝

 このシーズンは、公園で昼寝をしている人をよく見かけます。世田谷区の駒沢公園に行って、ふと大きな木の下のベンチを見ると、長々と伸びっきりで昼寝をしている飼い主さんの横に大型犬がいました。

飼い主さんが目を覚ましてくれるまで、おとなしく待っているようです。犬は毛の長いゴールデンレトリバーでしたが、木の下を抜ける涼しい風を受けて気持ちよさそうに過ごしていました。

        主の目覚め       人気blogランキングへ
           待つ犬
              風を涼みおり

夏の日中は、道路面の温度は軽く50度を超えるそうです。犬はそこをはだしで歩くのですから、人間が考えるよりずっと厳しい暑さにさらされているのです。散歩の途中、すぐに歩道の植え込みに入ってしまうワンちゃんがいますが、無理もないかもしれません。

連れて歩く飼い主さんにとっても大変なのですから、犬を日中散歩させるのはなるべくやめて、朝晩の涼しいとき、できるだけ日陰を選んで運動させるのがよいでしょう。

それにしても、毛が長い犬や毛の色が黒い犬は夏場は大変でしょうね。このシーズンの強烈な日差しを見ると、思わず同情してしまいます。

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/11(木) 07:02)

 蓮かおる
蓮かおる

 私の郷里千葉県九十九里地方は、茨城県と並ぶ蓮の産地です。蓮は、例年7月の末から8月はじめにかけ、白またはピンクの大きな花を咲かせます。また、その大きな葉や太い茎を利用して、お盆の供え物(野菜、果物など)をのせる台を作ります。

東京で蓮の花が見られるところを探しましたが、不忍池、水元公園など数ヶ所しかありませんでした。京都などには蓮田がたくさんあるようですが、東京周辺には現在は非常に少ないのです。

8月の初めに帰省したときに、郷里の最寄駅の近くで昔蓮田を見かけたのを思い出し、駅から歩いていってみました。運がよく、ちょうど 見ごろの花が咲いていたので、大喜びで方々を撮影してまわりました。

蓮田が集まっている地区の中には、多数の低いあぜ道が縦横に通っています。この時期の蓮の生命力は大変旺盛で、蓮田の中の蓮の葉はところによっては人の丈より高く生い茂ります。

蓮の花や葉からは、独特のさわやかな香りが発散されます。あぜ道を歩きながら葉の間に咲く蓮の花を撮影していると、涼しい風が蓮の葉をゆらしながらあぜ道を吹き抜けていきました。

        蓮かおる         人気blogランキングへ
           田のあぜ道を
              抜ける風

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/07(日) 06:45)

 都知事選、小池さん圧勝
 一年半前の2月8日、早春の重賞レースとしてファンの間で人気の高いきさらぎ賞レースが京都競馬場で開催されました。

同レースにはデビュー以来無傷の2連勝をした牝馬(ひんば)ルージュバックが1番人気で出走しました。ルージュバックは得意のホームストレッチでスパートし、無傷の3連勝で重賞初制覇を果たしました。
追いすがる牡馬たちを一気に引き離し、2馬身差をつける圧勝でした。

ルージュバック

 きさらぎ賞を牝馬が制したのは、1964年以来、51年ぶりだそうです。入場客の大多数を占める男性たちはもちろん、女性客の皆さんも、デビューまもない牝馬ルージュバックの劇走に拍手喝采を贈りました。

        客総立ち         人気blogランキングへ
           牝馬圧勝
              春レース

 さて、7月14日に告示された東京都知事選挙には、与党(自民党、公明党)からは公認候補増田寛也さんのほかに元防衛大臣の小池百合子さんも出馬し、野党4党連合からはジャーナリストの鳥越俊太郎さんが名乗りを上げました。
小池さんは、自民党執行部・都連との協議が不調に終わり、自民党所属でありながら公認なしで出馬するという異例の選挙戦になりました。

小池新知事

 小池さんの陣営は与党公認候補のように資金やスタッフ人員が豊富ではありませんでしたが、知名度が高い小池候補は得意の 「空中戦」 を展開し、選挙戦開始後まもなく他候補にリードをつけ始めました。

与党公認の増田候補、野党連合公認の鳥越候補はそれぞれの党上層部の議員たちやスポーツマン、芸能人たちまで動員して追いすがりましたが、小池候補はメディア、インターネットを利用するイメージ戦法でさらにリードを広げて行きました。

選挙戦終了間際には小池候補の支持層はさらに膨れ上がり、優位は決定的になりました。東京都知事選投票日7月31日の午後8時に投票が締め切られると、その瞬間にテレビの画面に「小池百合子さん当確」の大きな文字が表示されました。

まさに、 きさらぎ賞レースでの牝馬(ひんば)ルージュバックと同じようなぶっちぎりの圧勝でしたが、東京都最初の女性知事を牝馬にたとえるのは失礼にあたるので、今回は次のように詠みました。

        都民沸く         人気blogランキングへ
           ゆり子劇勝
              夏いくさ

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/03(水) 07:02)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア