実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 卒業式は袴着て
卒業式
 卒業式のシーズンです。小学校、中学校の卒業式は、3月25日ごろ行われることが多いようです。

学校には桜の木が植えられているのが多いですが、例年卒業式は桜の開花の時期になります。

桜の花に見送られて、思い出多き学校を後にしたのを思い出す方も多いことでしょう。

卒業式
 さて、私どもの孫娘も6年間通った小学校を卒業いたしました。卒業式の少し前になって、なんと卒業式に袴を着用して出席すると言い出したそうです。

現在でも大学や短大では卒業式に袴を着て出席する女子学生さんはかなりいるということですが、私どもは小学校の卒業式で袴とは聞いたことがありませんでした。

 ところが、最近はそれが大流行で、女子小学生の間では卒業式に袴を着るのが憧れになっているのだそうです。

インターネットで検索すると、小学校を卒業する女児に対して袴のレンタル、ヘアメイク、化粧などをセットにして提供するサービスが多数見つかりました。一式で3万円くらいもかかるそうです。

私どもの孫娘も、卒業式当日は朝6時に起きて美容院でヘアメイクをし、袴を着用して学校に向かったということです。

        卒業式       人気blogランキングへ
           小学生も
              袴(はかま)着て

年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/03/28(月) 07:44)

 ローマ・凱旋門
凱旋門

 数年前の3月はじめ、イタリアのローマとフィレンツェなどトスカーナの都市をめぐる旅行に行きました。
ローマでは、たくさんの観光スポットを能率よく回るため、旅行会社のローマ市内半日オプションツアーに参加しました。

ツアーバスが出発すると、ガイドの日本人女性が窓外に次々に現れるローマの名所旧跡を日本語で詳しく解説してくれました。
まずバスが最初についたのは、古代ローマ発祥の地として知られる 「フォロ・ロマーノ」 でした。

アッピア街道の道端に止まったバスを降り、ほんの少し歩くと、正面に天を突くような巨大な凱旋門が現れました。西暦315年にコンスタンティヌス帝の戦勝を記念して建立されたものとのことですが、遠くから眺めただけで恐ろしいほどの存在感があります。

        ロマーノの       人気blogランキングへ
           冬陽明るき
              凱旋門

それでも、このローマの凱旋門は、ナポレオンが造らせたパリの大凱旋門よりはずっと小さいそうです。

1960年に開催されたローマオリンピックのマラソン競技では、エチオピアのアベベ選手がアッピア街道を裸足でひたひたと走り、ぶっちぎりのトップでこの凱旋門をくぐりました。
あまりにも早いゴールインであったため、まだゴールテープの用意がしてなかったそうです。

海外旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:5
(2016/03/24(木) 06:31)

 春を告げる花・サンシュユ
sanshuyu16.jpg

 早咲きの梅とほぼ同時期に福寿草が咲きますが、それよりやや遅れてサンシュユ(上の写真左)とマンサク(上の写真右)が咲き始めます。毎年、これらの明るい色の花が出揃うと、早春の到来を実感します。

なかでもサンシュユは、まだあたりに春の気配が少ない時期に、大きな木いっぱいに鮮やかな金色の花を盛大につけます。「サンシュユ」の名は、中国名「山茱萸」の音読みだそうです。

世田谷の駒沢公園では、梅林の奥にサンシュユの大木が何本かあります。紅白の梅の奥に、サンシュユの金色の花が咲いている一角がひときわ明るく華やかでした。
近寄ると、サンシュユの花が、金細工のようにチューリップの形をした小さな金色のつぼみがたくさん集まってできているのがわかりました。

        朝日さし       人気blogランキングへ
           サンシュユきらり
              金細工

「マンサク」とは、「まず咲く」ということからできた名前だそうです。マンサクの花は、上の写真に見られるように薄黄色の細い花が毛糸くずのようにねじれながら伸びています。

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/03/20(日) 07:05)

 沙羅ちゃん翔びまくる
関帝廟

 本年のスキー競技は幕引きとなりましたが、女子スキー競技ではなんといってもジャンプの高梨沙羅さんの活躍が話題をさらいました。

沙羅さんは1996年10月生まれ、現在19歳です。小学校2年生からアルペン用スキーでジャンプを始め、16歳のときに蔵王で行われたスキージャンプ・コンチネンタルカップに初出場して19位になりました。

その後海外の競技にも進出し、2012年には、インスブルックで行われたユースオリンピックでついに優勝をなしとげました。

本2015/2016シーズンは、ラハティ(フィンランド)での第15戦でシーズン12勝目を挙げ、2シーズンぶり3回目の総合優勝をするなどで17戦14勝の成績、通算勝利数は44勝でシーズンを終えました。

沙羅さんは身長152cmと小柄だそうですが、力強い蹴りで飛び出して一直線にK点を目指す飛翔は大変ダイナミックです。

        雪を蹴り       人気blogランキングへ
           シャンツェの空に
              飛翔せり

まことに目を見張るばかりの活躍で、もう2年半後にせまった韓国ピョンチャンでの次回冬季オリンピックでメダル獲得が期待されます。
100mもの距離を飛翔するジャンプは危険な競技ですから、どうぞけがをしないで活躍を続けていただきたいと思います。

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/03/16(水) 07:12)

 鯛の生き造り
鯛の生き造り

 朝早くから真鶴にきて三ツ石と中川一政美術館を見たので、大分お腹がすきました。中川一政美術館から真鶴循環バスで真鶴漁港に向かい、本場の海の幸をいただこうと思います。

おいしいものの情報は、土地の人かタクシーやバスの運転手さんに尋ねると、たいていよい場所を教えてくれます。今回は、バスの運転手さん推薦の漁港の近くにある料理屋に入りました。
2階に上がると、目の前に漁港の景色が広がり、湾の中を漁船がさかんに行きかっているのが見えました。中川画伯の絵の中にもあった漁港の赤い灯台も見えました。

まずは座敷9に上がり窓際の席について熱燗を注文しました。その突き出しにこの店で作った烏賊の塩辛が出てきましたが、一口食べてその力強い味に圧倒されました。

しばらくすると、注文した鯛の生き造りが運ばれてきました。私どもは、鯛の生き造りなんてここ十年以上食べていません。
さっそくお皿の鯛の刺身に箸を伸ばすと、突然鯛くんが口をぱくぱくさせ、同時に尾びれをばたばた振りました。この鯛くんの勢いに、こちらはしばらく食べるどころではなくただ見つめるのみでした。

        お造りの       人気blogランキングへ
           寒鯛なおも
              踊りおり

旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/03/12(土) 07:03)

 ギャル騎手の初レース
犬とダンス
 日本中央競馬会(JRA)は2月11日、2016年度の新規騎手免許試験の合格者を発表しました。

合格者の一人藤田菜七子(18)は中央競馬では16年ぶり、7人目の女性騎手となりました。なお、地方競馬には6人の現役女性騎手がいるそうです。

藤田菜七子騎手は3月3日、中央競馬に先立って川崎競馬場でのレースでデビューしました。

 川崎の競馬ファンの声援を受けてまさに 「ひな祭りデビュー」 となり、1400mのダート戦で激走しましたが、結果は残念ながら9頭中8着に終わりました。平日午前にもかかわらず、菜七子騎手のレースを見ようと通常よりも多いファンが観戦に訪れたそうです。

 3月5日、中山競馬場には中央競馬では18年ぶりとなる女性ジョッキー・藤田菜七子騎手を観ようとたくさんのファンが詰めかけました。
菜七子騎手は、スタート直後から積極的なレースをしました。第4コーナーを回り、トップ集団につけて豪快に追い込みましたが、僅差で敗れました。それでも見事2着で、堂々の中央競馬デビューとなりました。

中央競馬デビュー2日目となった3月6日、藤田菜七子騎手は中山競馬で2鞍に騎乗し、2Rホシノブーケは9着、12Rスワンボートは11着という結果になりました。

        土を蹴り       人気blogランキングへ
           ギャル騎手疾駆
              春レース

まだまだ毎日が勉強という状況でしょうが、初勝利に向かってけがをしないでがんばってもらいたいと思います。

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/03/08(火) 07:32)

 中華街・関帝廟
関帝廟

 横浜の名所中華街の中に関帝廟という大きな廟があり、三國志で大活躍の英雄、関羽を祀っています。上の写真でご覧のように、いかにも中国の廟らしい赤と金色の華やかなつくりです。

関羽は武神として崇拝されるだけでなく、「約束を守る」 という精神を生涯貫き、また商売に必要な 「帳簿」 のシステムを発明したということで、華僑の商売の神様としても広く祀られるようになりました。
武道の神様であるのはもちろんのことですが、同時に商売の神様でもあるというのが、いかにも中国らしいと思います。

中華街の中央にある関帝廟は日ごろも熱心な信者や中華街を訪れる観光客の参拝がたえませんが、中国の旧正月春節の時期には参拝客が一段と多くなります。廟に近よると、たくさんの人々が赤い柱のある大きな門をくぐって中に入っていくのが見えました。

参拝客は、廟の入口で香をたいてから中に入り、廟の奥に置かれてある関羽の絵姿を拝します。私どもも皆さんのあとについて中に入ったところ、香の煙が充満する廟の奥に、トレードマークの長いひげを生した関羽の絵姿が胸をそらして立っているのが見えました。

        春節の       人気blogランキングへ
           煙の奥に
              関羽拝す

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/03/04(金) 07:02)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア