実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 テームズ川のパブ
テームズ川のパブ

 ロンドン観光の一日、テームズ川の西岸からウェストミンスター橋を渡って東岸に行き、大観覧車ロンドン・アイの近くに来ました。
上の写真は、そのあたりからウェストミンスター橋の一つ下流のハンガーフォード橋を撮影したものです。この橋は、手前に鉄道橋があり、その向こう側に歩道橋があります。

テームズ川の中を見ると、右側、ロンドン・アイのすぐ下に最近できたウォータールー・ミレニアム・ピアという船着場があります。この辺はテームズ川クルージング観光の目玉とされる建物が多く、大型の観光船がテームズ川にかかるたくさんの橋をくぐって行き交っています。

上の写真の左端、川の反対側には2隻の汽船が停泊しています。後で調べてわかったのですが、それらのうち右側の白い汽船はレストランとして使われているタターシャル・キャッスルという船だそうです。
写真でもっとも左側の青い船は、テームズに浮かぶパブとして利用されているもので、ヒスパニオラ号という名前だそうです。

たしか、誰でも知っているR.L.スティーブンソンの小説 『宝島』 で、南海に宝探しに行く一行が乗った船がヒスパニオラという名前でした。
ロンドン観光の一夜、テームズ川に浮かぶ船のパブで宝探しのロマンを楽しむのもよろしいかと思います。

        宝島の         人気blogランキングへ
           パブで川風
              涼みおり

海外旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/07/31(木) 06:46)

 ハルウララのその後
ハルウララ

 もと高知競馬所属の牝馬ハルウララは、負けても負けてもめげずに激走する姿が人気をよび、映画やレコードにまでなりました。
そのハルウララも、連敗を重ねているうちに2004年には10歳(人間の年齢では30歳ぐらいにあたる)に近くなり、もはや限界ということで、ついに競馬界から引退しました。

引退後はハルウララは生まれ故郷北海道の乗馬体験型観光施設でしばらく暮らしていたようですが、その後なぜか消息を聞かなくなりました。

一週間ほど前、そのハルウララが、千葉の牧場にいることがインターネットで報道されました。18歳になったハルウララは、現在千葉県御宿町のマーサファームという牧場でのんびりと暮らしており、馬体重がかなり増えてまるまるとしているそうです。

        野はみどり
           ウララにもはや         人気blogランキングへ
              負けはなし

馬主がマーサファームにこの馬を預けていたそうですが、その馬主が今年2月にハルウララの飼育料月8万円を払わなくなり所有権を放棄しました。まあ、人間でも子供の給食代金を払わない親がいるそうですが、それと同類ということでしょうか。

そこでハルウララは現在はマーサファームの所有となりましたが、マーサファームはハルウララの飼育料を稼ぐために観光客とハルウララとの記念写真撮影をOKしているそうです。それを知って、最近ではマーサファームを訪れる観光客が増えているということです。

ウララちゃん、この厳しい世界で長年どうもお疲れさんでした。あとは、観光客の相手をしてゆっくりすごしてください。なお、上の写真はハルウララではなく、世田谷区の馬事公園で見かけた栗毛の牝馬です。

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/07/27(日) 10:39)

 マレーシア航空機 撃墜さる
マレーシア航空機

 マレーシア航空MH17便は、2014年7月17日、乗員を含めて298人を乗せてアムステルダム・スキポール国際空港を出発し、マレーシア・クアラルンプール空港に向かいました。

MH17便は順調に飛行してウクライナにかかったとき、東部ドネツク州上空で撃墜され、搭乗した298人全員が死亡しました。
その後ウクライナ政府は「現場付近を実効支配する親ロシア派が同機をミサイルで撃墜した」と発表しましたが、ロシア共和国、ウクライナ内の親ロシア派はそれを否定しています。

現場は、ウクライナ政府側と親ロシア派が紛争中のため、捜索活動、墜落の原因究明が困難な状況にあります。死亡した乗客の多数を占めるオランダ、マレーシアの政府からは、遺骸の取り扱いなどをめぐって強い抗議が行われていますが、事態はなかなか進展しません。

私どもも、数年前、このアムステルダム・スキポール国際空港からロンドンに向かって飛び立ちました。今回のマレーシア航空機撃墜の真相が早く究明されること、そして今後二度とこのような悲惨な事故が起こらないことをいのるばかりです。

        夏空の         人気blogランキングへ
           大事故の報
              声も出ず

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/07/23(水) 06:45)

 芭蕉庵の跡
芭蕉庵の跡
 奥の細道を歩き通して故郷大垣に到着した後、松尾芭蕉は関西の各地を漂泊し、結局江戸を出立してから2年半経った1691年9月にようやく江戸に帰着しました。

芭蕉はしばらく仮住まいをしていましたが、やがて杉風、曽良など弟子たちの尽力により、旧芭蕉庵の近くにまた新たに芭蕉庵が建築されました。

この庵は、芭蕉の死後長く保存されていましたが、やがて幕末の混乱の中で失われてしまいました。大正6年に隅田川に大津波が発生しましたが、その後芭蕉庵があったと考えられていた場所の近くから芭蕉庵に置かれていた石の蛙が出土しました。その石蛙は、現在は芭蕉庵の近くにある「芭蕉記念館」に収められています。

石蛙の出土により、芭蕉が最後に住んだ庵があった場所が特定されました。その芭蕉庵の跡には、現在、芭蕉稲荷という小さな祠が建てられています(上の写真)。

       古池や        人気blogランキングへ
          蛙飛び込む
             水の音  松尾芭蕉

の有名な俳句がこの地で詠まれたのにちなんで、芭蕉稲荷には蛙の碑が立っており、石の蛙がいくつか置かれていました(上の写真)。

文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/07/19(土) 06:31)

 FIFA日本チーム帰国
リオのワールドカップ
 2014FIFAワールドカップは、ヨーロッパのサッカー大国ドイツが圧倒的な強さを見せ付け、優勝を果たしました。

開催国ブラジルは準決勝でそのドイツに当たり、1対7で大敗を喫しました。
ブラジルはさらにその後3位決定戦で強豪オランダと対戦しましたが、その試合でも0対3で完敗しました。

開催国の面子をかけた試合での完敗にブラジル全土でファンの不満が爆発し、バスが20台も放火されるなどの大騒動が起こったそうです。

いっぽう決勝に進出してドイツに敗れたアルゼンチンでも、首都ブエノスアイレスでファンたちの暴動が起こったということです。

無勝に終わった日本チームは、日本に帰ったときは、全員黒い服を着てネクタイをしっかりと締め、硬い表情で現れました。でも、空港で出迎えたファンの皆様は、「お疲れさま」と暖かい言葉をかけていました。

       夏いくさ        人気blogランキングへ
          散りしチームを
             ねぎらわん

FIFAワールドカップは、サッカーが盛んな国々では日本では考えられないほどのヒートアップの対象になります。しかし、この辺で一度国際スポーツ大会の原点の精神に戻ったらどうでしょうか。
サッカーなどのスポーツは、もともと国民の健康向上、健全なる精神の育成を目的としています。また国際スポーツ大会は、そのようにして振興した自国のスポーツを海外に送り出して競わせ、レベルアップを図るとともに国際親善に役立てるというものでしょう。

あまりに勝敗にこだわって国際スポーツ大会の本来の趣旨からはずれることがないようにしたいものです。

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/07/15(火) 06:47)

 冷うどんに青唐辛子
冷うどんに青唐辛子
 食品スーパーで細うどんの乾麺を買ってきました。
私どもはめん類はなんでも好きですが、夏場は冷うどんをつけ汁で食べるのが大好きです。

冬場の熱いうどんはやや太目の麺が向いていますが、夏の冷うどんは細い麺のほうがのど越しがよく、何度食べてもまったく飽きがきません。

冷うどんのつけ汁は好みによってさまざまですが、私どもは長ねぎ、唐辛子、みょうがなど何種類かの香辛料をミックスしたものを薬味として醤油、みりん、酒、だし汁で作った汁に入れて使います。

私どもは夏は青唐辛子が大好物ですが、これが東京の八百屋ではなかなか手に入りません。そこで、例年6月のはじめに唐辛子の苗を買って庭の隅に植えておきます。6月の末には青唐辛子の実がなり始めるので、必要に応じて摘み取って薬味として使います。

唐辛子を細かく刻んで冷うどんの薬味にすると、シャープな辛さと独特の高い香りがすばらしく、梅雨のうっとうしさも吹き飛ぶ思いがします。

       青ばんじょう        人気blogランキングへ
          うどんとともに
             のどを越す

上の俳句でばんじょう(蕃椒)とは唐辛子のことで、青ばんじょうは俳句の世界では夏の季語です。

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/07/11(金) 06:12)

 七夕の銀河
七夕

 今年もまた夏の夜のロマン七夕となりました。本日は、梅雨の最中のことで、天気はどうもあまりあてにならないようです。短時間でも夜空に銀河が見えるといいのですが・・・・。

七夕の日は、一年に一度だけ「おりひめ(織女)」と「ひこぼし(牽牛)」の二星が天の川の上でランデブーをする日といわれます。
牽牛、織女の二星がそれぞれ耕作および蚕織をつかさどるとされるので、それらにちなんだ農作物などをそなえて願い事を書いた短冊を笹の葉につるし、おりひめ星に技芸の上達を願います。

家の近くのお宅で庭先に七夕の笹を立て、それに多数の短冊を吊るしてありました。近くに寄ってみると、なにも書かれていない短冊があってその近くに「ご自分のメッセージを書き込んでください」と書いてありました。

みやびなお誘いに心を動かされて、私は次の俳句をその短冊に書き込み、七夕の笹に吊るしました。

        七夕や         人気blogランキングへ
           逢瀬(おうせ)の銀河
              ほの白く

天の川がほの白く見えるのは、銀河系に属する私どもから見ると、その方向に多数の星々が集中しているためだそうです。今晩は、その逢瀬の天の川が短時間でも見られるように、天の神様にお祈りしましょう。

年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/07/07(月) 07:10)

 リオのFIFAワールドカップ
リオのワールドカップ
 2014FIFAワールドカップは、6月12日からブラジル・リオで始まりました。日本代表チームは6月14日に対 コートジボワール戦は1-2で逆転負けを喫しました。

6月19日の対ギリシャ戦はドローに終わり、最後の望みを託して臨んだ対コロンビア戦は逆に1-4で大敗という結果になりました。

結局、日本チームはグループで最下位になり、2014FIFAワールドカップの本戦に進出することはできませんでした。折から日本では方々で大粒の雹が降ったり竜巻が起こったりという荒れ模様でしたが、その中、国をあげての声援はついに実りませんでした。

       荒梅雨や        人気blogランキングへ
          リオの奮戦
             空なしかり

選手の皆さんの打撃も大きかったことでしょう。日本に帰ったときは、全員黒い服を着てネクタイをしっかりと締め、硬い表情で現れました。
でも、選手たちは大けがをするリスクをかえりみず、必死のプレーをしたのです。空港で出迎えたファンの皆様は、「お疲れさま」と暖かい言葉をかけていました。

日本の隣国の某国でも今回の予選は無勝利でグループ最下位に終わったそうです。そのチームが帰国したとき、空港にいた人々から選手たちに向かってものが投げつけられたということです。
日本のファンは、絶対にそのようなことはしません。みな、心に暖かさを持っているのです。

日本代表チームの選手たちもチーム関係者の皆さんも、今回の敗戦を冷静に分析し、それをバネにして2年後のオリンピックに向けて準備をしてくださるよう、お願いいたします。

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/07/03(木) 06:54)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア