実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 マルモッタン美術館
睡蓮

 この春、8年ぶりにフランスの首都パリに旅行しました。例によって、毎日のようにパリ近郊の名所などを訪ね歩く忙しい旅行でした。

その間、時間を見つけてルーブル、オルセーの2大美術館をはじめ、方々の美術館に行きました。やはりルーブル、オルセーの2大美術館の膨大なコンテンツは、何度見ても圧倒されるのみです。

マルモッタン美術館は、パリの西、ブーローニュの森に近い住宅地ラ・ミュエットにある小さな美術館です。美術館の規模は小さいのですが、モネの初期の名作 《印象・日の出》 があるので有名です。

モネは、《睡蓮》 の連作を多数制作しており、前記オルセー美術館にも、そしてこのマルモッタン美術館にも優れた作品が展示されています。
当美術館では地階の奥のほうに大きな展示室があり、それ全体がモネの 《睡蓮》 連作の展示にあてられていました。

     《睡蓮》 を
        訪ねオルセー
           マルモッタン

《睡蓮》 連作の部屋というとパリ・オランジェリ美術館をすぐ思い出しますが、マルモッタン美術館の 《睡蓮》 のほうが制作が早いようで、花の形、雲や柳の葉などがよりはっきりとした形状で描かれています。

オランジェリ美術館と同じように、展示室の中央に大きな長いすが置いてありました。大きな 《睡蓮》 連作を見ていると疲れてくるので、その長いすで休みながら周りの壁にかかっている絵をゆっくりと見回します。

美術 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:2
(2014/05/28(水) 06:25)

 スカイツリー開業2周年
スカイツリー
 東京の新シンボル東京スカイツリーは、5月22日で開業から2周年を迎えました。

私は、千葉の実家に毎月一回帰っているので、途中通るJR錦糸町駅の高架ホームから毎月スカイツリーの壮大なフォルムを撮影してきました。

634mの高さは圧倒的で、塔の最上部は駅ホームの屋根にかかって撮影するのがやっとです。銀色の塗装が朝日に映えて空高く輝いていました。

この4月30日に2013年度の東京スカイツリーの運営状況が発表されました。入場者数は想定を25万人下回る619万人だったということです。これは強風で終日または一部休業した日が12年度より25日多い40日だったのが影響したとのことです。

この2年間の入場者数は、スカイツリー単独では1年目の638万人のほぼ2倍となる約1250万人、商業施設「東京ソラマチ」や水族館、プラネタリウムを含めた施設全体では約8900万人にものぼりました。

450mの高さにある第2展望台への入場料は大人3,000円だそうで、値段のほうも少々お高い気がしますが、私も一度は上って360度の展望を楽しみたいと思います。

       スカイツリー        人気blogランキングへ
          夏雲抜いて
             そびえ立つ

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/05/24(土) 06:44)

 五月人形
五月人形
 世田谷区の岡本民家園では、シーズンにあわせて昔からの風習に関する展示をしています。

五月はじめにここにいったとき、座敷の中に大きなガラスケースに入った立派な五月人形がたくさん並べられていました。

現在男の子の誕生と健やかな成長を祝う日となっている端午の節句は、もともと悪鬼や災厄をはらうために、家の外に「外飾り」をかかげ、同時に家の中に武者の人形

を飾ったのが始まりだそうです。やがて「外飾り」は鯉のぼりの形式が主流となり、一方武者人形は次第に洗練されて今日の五月人形の形式となりました。

写真の五月人形は、「鳴弦(めいげん )」というタイプだそうです。平安時代には、男の子が生まれると家の四方で弓を鳴らして魔除けを行いました。その弓を破魔弓といい、それと組み合わせて使用した矢を破魔矢といいます。鳴弦という人形は、その行事をかたどったものだそうです。

この鳴弦人形は、きりっとした姿をしたすばらしいできばえの作品で、有名な人形作家が制作したものかと思われます。つい、値段も相当いいのではないかなどと考えてしまいました。

        武者人形        人気blogランキングへ
           ケースの上に
              野球帽

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/05/20(火) 06:20)

 スペイン広場
スペイン広場

スペイン・マドリード王宮から北に歩いて、マドリード観光の名所スペイン広場に向かいました。ゆっくり歩いても10分ほどの距離です。

スペイン広場は、スペイン文学の名作ドンキホーテの銅像と作者セルバンテスのモニュメントがあるので知られています。
マドリードに来る観光客の過半数が、このスペイン広場を訪れると思われます。私どもも、そのうちの2人となりました。

スペイン広場に着いて中に入ると、まず広場の奥に巨大なセルバンテスのモニュメントが立っているのが見えました。
モニュメントの下には、 『ドン・キホーテ』 の登場人物田舎貴族ドン・キホーテと従者サンチョ・パンザの銅像が置かれてありました。馬上のやせたドン・キホーテとロバに乗った肥ったサンチョ・パンザの対比がユーモラスでした。

スペイン中部ラマンチャ地方では、ドンキホーテの時代から現在にいたるまで、巨大な風車が利用されているそうです。
その風車が邪悪な巨人に見えたのでしょうか、馬上のドンキホーテは長い槍を持ち風車に向って突進しようとしています。

      キホーテは
         邪悪風車に
            突進す

旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2014/05/16(金) 06:41)

 高尾山薬王院
金羽織 高尾山は東京都西部にそびえる高さ600mの山です。
高尾山薬王院は、奈良時代8世紀半ばに聖武天皇の命で高僧行基がこの武蔵の地に創建しました。

その後、弘法大師空海はここで祈祷をささげ、不動明王像を安置しました。

やがて、当寺は真言宗智山派の大寺となり、成田山新勝寺、川崎大師平間寺と並び関東の三大本山の一つとなりました。

京王帝都線高尾山口駅で下車後、5分ほど歩くと薬王院の近くまで登る高尾山ケーブルカーの清滝駅につきます。そこから標高差271メートルを約6分で登り、終点の高尾山駅に着きます。

このお山では、どこに行っても天狗の姿を見かけます。左の写真の飯縄権現堂の前にも、背中に羽根の生えた山伏姿の烏(からす)天狗が2羽(といっていいんですかね(^_^))立っていました。このお山の天狗は、基本的に烏天狗なのだそうです。

飯縄権現堂の向かって左側に天狗堂という小さなほこらがあり、その前に虚子の娘星野立子の句碑が立っていました。

        春風にのり      人気blogランキングへ
           大天狗
              小(しょう)天狗   星野立子

文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/05/12(月) 06:26)

 風力発電所見学会
風力発電所 平成15年3月、東京湾の中央防波堤埋立地に、巨大な発電用風車が建設されました。
東京都の地球温暖化対策プロジェクトの一つです。

その後しばらくして、東京都環境局がこの風力発電所の見学会を開催するのを知りました。

かねてより風力発電に関心のあった私どもはそれに応募して見学にいってきました。

参加者は東京臨海高速鉄道 東京テレポート駅前から東京都がチャーターしたバスに乗り、防波堤埋立地の風力発電所に向かいました。

埋め立て地の道路を10分あまり走ると、前方に2基の巨大な白い発電用風車が見えてきました。この発電用風車はデンマークで製造されたもので、タワーの高さ44m、風車のブレード(羽根)の直径は52mです。従って、羽根が真上を向いたときは、地上から70mの高さに達します。この風車2基で、一般家庭800世帯分の電力が発電できるそうです。

このあたりは都のごみの埋立地で、見渡す限り広々とした草野原になっています。ゆっくりと回転する風車の上空で、草ひばりがさかんにさえずっていました。

        仰ぎ見る        人気blogランキングへ
           風車の空に
              揚ひばり

現在ではこの地区では東京都の大型工事が始まり、上記風力発電所を近くで見学することはできなくなったということです。

その後、東京都は江東区若洲海浜公園内にも国内最大級の風力発電所を設置しました。こちらは、公園内にあるので、一般の方でも自由にその足元まで行って見学することができるそうです。私どもも、いつかこちらの風力発電所を見学したいと思っています。

IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/05/08(木) 06:45)

 歩きスマホはけがのもと
中川一政美術館 4月29日の報道によると、歩いたり自転車に乗ったりしながら携帯電話やスマートフォンを操作して事故に遭い、救急車で搬送された人は、東京消防庁の調べで昨年1年間に東京都内で36人にものぼったということです。この件数は過去4年間で最多だったとのことです。

東京消防庁は、歩きスマホや携帯について、「自分自身がけがをするだけでなく、周囲の人を事故に巻き込む恐れもあり、大変危険」と注意を呼び掛けています。

10~13年の4年間に歩き携帯やスマホなどで事故に遭った人は計122人にのぼるということです。

私もつい先日、駅の通路で歩きスマホをしている中年女性にぶつかりそうになりました。また家の近くで、夕方、無灯火の自転車に乗りながら片手で携帯のメールをうっている人を見かけました。

自動車運転中の携帯電話等使用は、事故が多発したため、平成11年に道路交通法により禁止されました。それ以降は携帯電話等使用が原因の交通事故は大幅に減少したそうです。
駅構内や混雑する公道上での歩きスマホも大変危険であり、なんらかの規制が必要ではないかと思います。

        卯月尽      人気blogランキングへ
           歩きスマホの
              事故の報

IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/05/04(日) 06:42)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア