実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 年末の大掃除
nenmatsu16.jpg

 東京都中央区人形町の大きな交差点の角で、年末の縁起物を売るにわか作りの店を見かけました(上の写真左)。このあたりは、古い東京の名残がある地域で、年末には土地のとび職がこのような店を街角につくるようです。

通りかかった近所の人たちが、さっそく店に入ってきてあれこれと物色していました。さすがに江戸の中心地でもあったこの地域らしく、店の構えも大きく、品揃えもとても豊富でした。

世田谷区の上町駅の近くを通ったとき、赤い服を着た可愛らしい女の子がなにかブラシで地面の上のものをこすっているのが見えました(上の写真右)。近づいてみると、どうやら中華料理屋が本年の店じまいで大掃除をしているようで、店のお嬢ちゃんが、お父さんのお手伝いをして店の入口マットをブラシでこすってきれいにしているところでした。

この一年を健康で一生懸命働いたので、これから年末年始は親子水入らずでゆっくりすごすのでしょう。

        良き年を
           謝して親子で         人気blogランキングへ
              大掃除

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/12/31(火) 07:46)

 大晦日
年の暮

 俳句の世界では、師走、年の暮は特別の思い入れがあるように感じます。歳時記などをみても、この時期にテーマをとって詠まれた句のほうが、新年の句よりもずっと多いようです。

まず、俳聖松尾芭蕉の「野ざらし紀行」にある次の俳句を見ましょう。

        年暮れぬ           人気blogランキングへ
           笠きて
              草鞋はきながら  松尾芭蕉

漂泊の詩人芭蕉の歳末の俳句です。このとき芭蕉は41歳で、後に蕉風といわれるようになった内面的な句風を確立しつつありました。

作家永井荷風は、宝井其角、夏目漱石と続く江戸・東京俳句の伝統を引き継ぐ俳人でもありました。江戸を愛し、東京を愛した荷風は、専門の俳人にはない大都市生活者のセンスで瑞々しい俳句の数々を残しました。

        下駄買って           人気blogランキングへ
           箪笥(たんす)の上や
              年の暮れ      永井荷風

荷風は下町を中心に幅広く東京散策をしたので有名で、興味深い散策レポートを多く残しています。明日、正月になったら、その下駄を下ろして颯爽と下町を歩くつもりでしょうか。

文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2013/12/30(月) 06:46)

 世田谷ボロ市
ボロ市

 世田谷区の最大の年中行事である「世田谷ボロ市」は、東急世田谷線上町駅の近く、世田谷1丁目付近の通称「ボロ市通り」を中心に、毎年12月、1月の2回開催されます。
本年の12月は、15、16の二日間に開かれました。さいわい晴天に恵まれ、例年にもましてたくさんのお客さんで賑わいました。

ボロ市は、朝9時、威勢のいい打ち上げ花火の轟音でオープンします。10時ごろ行ってみたところ、さして広くはないボロ市通りは早くも大変な人出で埋め尽くされ、身動きもつかないくらいでした。

ボロ市の足東急世田谷線も、連絡する東急田園都市線、小田急などの電鉄から特別ダイヤで来訪者をピストン輸送します。世田谷線の電車が上町駅に着くと、満員のお客がどっと降り、人波をつくってボロ市通りに向かって動いていきます。

        電車着き         人気blogランキングへ
           人波湧いて
              ボロ市へ

ボロ市は、昔は主として近郷の農村が必要とする農耕具、古着市、正月用品などが売られていたのですが、最近は骨董品、食料品、衣料・装身具、おもちゃ、植木市などの店が中心です。

年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2013/12/26(木) 06:51)

 神宮外苑の銀杏並木 その2
銀杏並木

 東京を代表する風景の一つ、神宮外苑の銀杏並木は、広い通りの片側に二列づつ、合計4列の並木からなります。そのため、通りの両側の歩道は、上の写真のようにイチョウの巨樹の列に挟まれたトンネルのようになっています。

この時期にはイチョウがみごとに黄葉し、高い並木の間からの木漏れ日があたりに反射して、歩道には金色の光が満ちていました。

歩道の上にもまだみずみずしいイチョウ落葉が厚く散り敷き、あたりを見回して撮影しながら歩いたりしていると、滑って転びそうになります。

        光満つ        人気blogランキングへ
           イチョウもみじの
              トンネルに

歩道の上で、イーゼルを立ててこの景観をスケッチをしている方がたくさんいらっしゃいました。失礼ながら、気が付かれないようにちらりとキャンバスをのぞいたところ、見事な出来ばえだったので感嘆しました。

もちろん、銀杏並木の方々を歩き回って写真を撮っている人々はもっとたくさんいらっしゃいました。特に、シニアと思しき方々が一眼レフを三脚に載せて熱心に撮影をしているのが目に付きました。

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2013/12/14(土) 06:37)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア