実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 大宮八幡宮・花笠祭り
hanagasa12.jpg

 大宮八幡宮は鎌倉時代に興された由緒ある神社で、秩父の大宮、足立の大宮とともに武蔵の国の三大宮と呼ばれます。境内は大変広壮で、東京都内では明治神宮、靖国神社に次ぐ広さがあるということです。
子育て、厄除けに霊験があるとされ、古くから参拝客を集めてきました。アクセスは、京王井の頭線西永福駅から歩いて十分ほどです。

ちょうど境内で「杉並花笠祭り」が行われていました。このお祭りは、1990年(平成2年)より開催されており、入場者数は毎年2万人を超えて杉並の晩秋の人気イベントになっています。

有名な山形の花笠まつりと同じように花笠音頭にあわせた踊りが行われていました。北国の実りのときを祝う明るく華やかな踊りです。それに出演したお嬢さんたちが集まっていたので、写真を一枚とらせていただきました。

         踊り終え       人気blogランキングへ
            憩む乙女に
               暮れ早し

会場では山形名物の芋煮汁が振舞われていたので、妻と一緒にありがたく頂戴しました。現地山形では、河原など広い野外で大鍋に里芋、人参、コンニャク、ごぼう、肉、長ネギなどを入れて煮て、みなで豊かな収穫を祝うのだそうです。

年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/11/28(木) 09:04)

 奥多摩の秋
rapin12.jpg

 関東地方は11月後半にはいってから、急激に秋が深まってきました。東京都青梅市を流れる多摩川上流の川筋を歩き、本番を迎えた奥多摩の紅葉を楽しみました。

歩き始めてまもなく、川筋に氷川キャンプ場が見えてきました。夏の間は家族づれなどでにぎわったキャンプ場も、いまは静かに秋を迎えていました。そこから、道路を降りて渓谷の岸辺に向かいます。

この辺は、川原で火をたいて煮炊きをしてもよい場所が多いようです。ここの川原でも、たくさんの人々がバーベキューを楽しんでいました。

ここでは、年配のご夫婦が河原の石を組み合わせて炉をつくり、近くのスーパーででも買ってきたのでしょうか、ソーセージや野菜をジュージューと焼いておいしそうに食べていました。
いい匂いに惹かれてその近くに行き、ご了承をいただいてから、この写真をとらせていただきました。錦秋の絶景の中、河原のバーベキューの味もひとしおでしょう。

        河原の火で       人気blogランキングへ
           肉を焼きつつ
              秋惜しむ

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/11/28(木) 06:23)

 フラワーランド・菊祭り
菊祭り

 フラワーランドは、きぬた公園の近くにある世田谷区立の花壇公園です。東急田園都市線の用賀駅から南に向かって歩き、環状8号道路を渡ってまもなくのところにあります。

そのフラワーランドで、毎年、11月の文化の日から菊祭りをしています。私どもの家から歩いて30分ほどでいけるところなので、毎年楽しみにして見に行っています。

会場に入ったところ、もうかなり人が来ていましたが、とりわけ人だかりがしている一角がありました。のぞいてみると、中はなにか賞をとった菊ということで、輝くばかりのすばらしい大輪の菊の一群でした。

          人垣に        人気blogランキングへ
             菊数輪の
                輝きて

今年は天候に恵まれたとのことで、大輪も中輪も懸崖も、例年にましてすばらしいできばえでした。

この公園は、面積はさほど広くありませんが、四季の花が手入れが行き届いた状態で咲いており、いつ行っても新しい発見があります。
常駐の園芸専門家の指導の下、ボランティアの皆さんが丹精込めて咲かせて下さっているのです。フラワーランドの皆さん、いつもまことに有難うございます。

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/11/24(日) 06:53)

 ハルウララ姉妹、引退へ
uma14.jpg

超二流といわれたプロ野球選手が引退しましたが、ご存知高知競馬の女王ハルウララもやはり超二流というところでしょうか。こちらも引退がきまり、現在は引退レースに向けて調整中ということです。

さて、このハルウララには親が同じ妹馬、弟馬がいます。妹馬ミツイシフラワー(4歳)は、この9月高知競馬で40レース目にしてめでたく一勝をあげました。姉妹あわせて初の一勝ということになります。
しかし、やはり将来性を見限られたか、このたび姉に続いて引退することになりました。引退レースは、後半力尽きて9頭中8着だったそうです。

         いわし雲
            引退決めし       人気blogランキングへ
               姉妹馬

妹馬のほうは、馬体重が姉より大きくなかなか脚力があるので引退は惜しいような気もしますが、これが競馬界の厳しさでしょう。ハルウララは、引退後は生まれ故郷・北海道の乗馬体験型観光施設で余生を過ごす予定とのことです。
その他 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:2
(2013/11/22(金) 00:06)

 三茶 de 大道芸
三茶 de 大道芸
 世田谷区三軒茶屋は、渋谷に近く東急田園都市線と東急世田谷線が接続する地点でもあり、若者の街として賑わっています。

10月の末に、この街で恒例の「「三茶 de 大道芸」という祭りが行われました。1997年から始まったとのことで、2013年秋でもう17回目になります。

世田谷の秋の行事として有名になり、昨年は20万人以上の観客が集まったとのことです。

東急世田谷線の駅前広場で、黒山の人だかりのなかで中国雑技団(サーカス)が演技をしていました。上の写真は、スタイルのいい中国人女性が行うアクロバティックな曲芸です。

広場の石畳の上に机を置き、その上で腹ばいでそり身になって、手の先、足の先にお盆を置きます。それらのお盆の中に、ガラスのグラスを一つづつうずたかく積み重ねていきます。さらに頭の上にもお盆を置いてそのなかにもグラスをたくさん積んでいきます。

しばらく息を呑む思いでみていると、最後には上の写真のようにまるで人間のシャンデリアのような姿になりました。

        秋祭り       人気blogランキングへ
           雑技の見せ場
              拍手わく

なにしろ腹ばいですから、このように手足を高くあげるのは至難の技です。私も家に帰ってから、夜、布団の上で腹ばいになって手足をそらせて見ましたが、筋がつりそうになったので、あわてて止めました(^_^)

年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/11/20(水) 06:47)

 また世田谷で高放射能
ラジウム線量計

 10月中旬、東京都心南部の世田谷区弦巻にある民家に隣接した区道の一部にかなり放射線レベルが高い部分が発見されました。

その後、世田谷区役所の手配により専門業者が調査したところ、この放射能は福島の原発に由来するものではなく、その民家の床下に放置されていたラジウムを含む物質から発生しているのがわかりました。

その物質を厳重な鉛の容器に入れて持ち去った結果その近辺の放射線レベルは正常になり、ともかく放射能さわぎは収まりました。

ところが、それからわずか半月ほどしかたたないのに、今度は同じ世田谷区で弦巻からさほど遠くない八幡山というところで再び放射線レベルが高い場所が発見されました。
また世田谷区役所の手配により専門業者が調査したところ、それもそこの地中に埋められていたラジウムを含む物質によるものであるのがわかったということです。

そのラジウムは、半減期1600年という代物だそうですが、そのような危険な放射性物質が相次いで住宅地で発見されるとは恐ろしいことです。深まり行く秋に菊を愛でるなどというゆとりは、なくなってきました。

        世田谷に      人気blogランキングへ
           またもラジウム
              秋愁う

上の写真左は、新宿区で区民に貸し出している放射線量計です。

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/11/17(日) 12:41)

 農大収穫祭
noudai20.jpg

 東京農大は、明治政府の重鎮榎本武揚によって110年前に創立された伝統ある農業大学です。同大学は世田谷区の馬事公苑の近くにあり、小田急線経堂駅から歩いて15分ほどです。

この東京農大で、毎年10月末に「収穫祭」という文化祭を行っています。収穫祭は勇壮な?大根踊りで有名ですが(^_^)、これはよくテレビなどで紹介されるのでご覧になった方も多いでしょう。

その大根が無料でもらえるというので、長い行列ができていました。農大の卒業生などから寄付された大根を配っているのだそうです。たくさん積んであった大根の段ボール箱が、瞬く間に空になってしまいました。

最後の一本をこの女子学生さんに持っていただき、もう一人のハッピのお嬢さんにも入ってもらって完売記念写真をとりました(^_^)

         大根(だいこ)配る
            最後の一つ
               持って笑む

上の写真右は、収穫祭の露店でゴーヤーなどを販売していた農大の女子学生さんです。

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/11/16(土) 06:42)

 バナナの叩き売り
バナナの叩き売り

 東急世田谷線世田谷駅の近くの商店街で、11月初めに「楽市楽座」というイベントをしていました。世田谷の冬のイベントとして有名な「ボロ市」と同じように、商店街沿いに露店が並び、ところどころでミニジャズコンサート、カラオケ大会などの客寄せを行っていました。

最近では、ボロ市と同じように骨董屋などの出店も多くなりました。狭い商店街は大変な人出で埋め尽くされ、私どもも道の両側の露店を物色しているお客さんの間を縫うようにして見て歩きました。

その中で、昔なつかしいバナナの叩き売りを見つけました(^_^)。私どもが子供のころはどこでも見かけましたが、最近はすっかり少なくなり、バナナの叩き売りを見たことがないという人も多くなっているようです。

まさに「タンカ売」の商法でして、なにやらフーテンの寅さんによく似たおじさんがバナナを手に持って威勢のいいタンカを切りながらまわりのバナナの段ボール箱を竹の鞭で叩いて売りまくります。
お客とやり取りをしているうちに、バナナが飛ぶように売れ、山のように積んであったバナナの段ボール箱がどんどん空になっていきます。思わずその前に立ってしばらく見とれていました。

        バナナ持ち         人気blogランキングへ
           客に見得切る
              叩き売り

年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/11/12(火) 06:38)

 足利学校見学
足利学校

 仕事で栃木県足利市に行きましたが、仕事先の近くに日本最古の学校として有名な「足利学校」があるのを知り、仕事が終わってから先方の人に車で案内してもらいました。

足利学校の創建については諸説があるようですが、室町時代に上杉憲実によって現在国宝に指定されている書籍が寄進され、庠主(学長)制度を設けるなどして大学校として確立されたとのことです。

戦国時代には、宣教師フランシスコ・ザビエルによって「日本国中最も大にして最も有名な総合大学」と世界に紹介されました。

仕事を終えて足利学校に着いたのは閉館間近となってしまい、あわただしく内部の見学をしました。見学できなかった場所も通りがかりにのぞいて見て、相当な規模があるのがわかりました。

     足利の
        古りし学舎(まなびや)
           暮れ早し

入徳門、学校門、杏壇門の三門と孔子廟、平成2年に復原された方丈などの建物が、5500坪の敷地の中に配置されているとのことです。
また、「足利学校遺蹟図書館」には、国宝の指定を受けた文書が多数収蔵されているそうです。
またいつかこの地を訪れて、足利学校の内部をゆっくり見学したいと思います。

文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2013/11/08(金) 06:36)

 フラメンコ・ショー
flamenco16.jpg

2005年4月、 スペインの首都マドリードを訪れました。旅行の目的の一つは、長年あこがれてきた本場のフラメンコ・ショーを観ることでした。
スペインでは、夏時間制をとっていることもあり、夜9時近くまで明るさが残ります。その上、現地の人々はシェスタ(昼寝)をするので、10時くらいからが夜本番となるのです。
私どもは、10時すぎにフラメンコ・ショーが行われるタブラオに行きましたが、それからしばらくしてフラメンコ・ショーの前座が始まりました。12時すぎから真打が登場して、タブラオは熱気につつまれました。

       フラメンコに
          春夜更けるを
             忘れけり
旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2013/11/07(木) 12:31)

 薄もみじ
薄もみじ

 俳人三橋鷹女は、明治33年(1899)年に千葉県成田市に生まれました。次の俳句は、最近では高校の教科書にも掲載されているそうで、鷹女の句の中では飛びぬけて有名です。

       鞦韆(しゅうせん)は      人気blogランキングへ
          漕ぐべし
             愛は奪うべし    三橋鷹女

鞦韆とは、ぶらんこのことです。人気のない公園の隅にあるぶらんこに座って、漕ぐでもなく恋の思案をしていましたが、ようやく決意がつきぶらんこを大きく漕ぎ始めた、という句意でしょうか。

概して冬が暖かい東京ですが、今年は特に暖かいようで、各地から本格的な紅葉シーズン入りの便りが届く中、東京のかえでは写真のように薄もみじの状態が大半です。鷹女に次の薄もみじの俳句があります。

        薄もみじ            人気blogランキングへ
           恋人ならば
              烏帽子で来    三橋鷹女

平安時代には、成人男子は頭に烏帽子をかぶるのが正装とされました。私の恋人ならば、王朝時代の恋人に見習って、きりっとした心構えで来てほしいという意味でしょう。虚子の流れを汲む中村汀女、星野立子とは、句風がまったく異なっています。

文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2013/11/04(月) 06:50)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア