実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 竹久夢二・宵待草
竹久夢二・宵待草

 千葉県北部の都市銚子は、海洋性の穏和な気候と犬吠崎を中心とした海辺の景観で知られ、古来多くの文人墨客がここに遊んでいます。
この夏、私どもも銚子を訪れ、犬吠崎、海鹿島(あしかじま)など市内数ヶ所の文学紀行を楽しみました

犬吠駅の近くで海鮮料理を食べてから、また銚子電鉄に乗り、少し銚子市の方向に戻ります。銚子電鉄の一日乗車券を買ったので、元を取ろうというわけです(^_^)

海水浴場があるので有名な海鹿島駅で降りて、海岸の方向に少し歩くと、明治から大正にかけて活躍した画家・詩人竹久夢二の詩碑がありました。碑面には、あまりにも有名な「宵待草」の詩が彫られてありました。

      待てど暮らせど来ぬ人は  人気blogランキングへ
         宵待草のやるせなさ
            今宵は月も出ぬそうな   竹久夢二

若いころ新聞記者をしていた夢二は、明治43年にこの海鹿島の旅館でひと夏を過ごしました。そのとき、旅館の近所に住むカタという娘と恋仲となりました。この詩は、そのときの夢二の思いを反映したものとされます。土地の人に教えていただいたのですが、宵待草とは月見草とよく似ている花で、それより花が小さく、控えめな野の花でした

この詩は、大正7年に多忠亮の作曲により歌謡曲となり、大正デカダンスのかげりのあるメロディーに乗って全国津々浦々まで広まりました。私どもが子供のころ聴いたこの曲のレコードは、なんと女優の高峰三枝子さんが歌ったものだそうです

私どもが訪れたときは、ちょうどカンナの花が詩碑の前で華やかに咲き誇っていました。その向こうの詩碑の中で、夢二の肖像がややうつむき加減で海の方向を見ていました。

文学・俳句 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/08/29(水) 06:12)

 ロンドン・オリンピック閉幕
ロンドン・オリンピック閉幕

 イギリス・ロンドンで17日間にわたって開催された夏季オリンピックは、12日夜9時(現地時間)から、ロンドン市東部にあるオリンピック・スタジアムで閉会式が華やかに行われました。
私どもは、テレビでその様子を見ていて、無事オリンピックを終えることができたイギリス国民の皆さん、そして世界中から集まったスポーツファンの皆さんとともに、スポーツを通じた世界交流の推進、世界平和への願いを共有する思いでした。

この大会では日本選手団の活躍が目立ち、連日「何十年ぶりのメダル獲得」というような成果の報道に日本の私どもも大いに沸き立ちました。最終的には、本大会のメダル獲得数は38にも達し、これまでの最高であったアテネ大会のメダル獲得数を1つ上回ったということです。

最終日の前日までは、特に女子選手の活躍が華々しかったのですが、最終日には男子のボクシング、レスリングで相次いで金メダルを獲得し、オリンピックの最後を飾る男子マラソンでも圧倒的な力を誇るアフリカ勢を相手に中本選手が大健闘して6位入賞という成果を挙げました。

最終日夜9時(現地時間)には、ロンドン名物ビッグベンの鐘の音を合図にメインスタジアムで本大会の閉会式が開催されました。
なぜか日本選手団が先頭でメインスタジアムに入場してきたのには驚くとともに、大いに誇らしく感じました。
旗手の女子レスリング金メダルの吉田沙保里選手をはじめ、日本選手団の皆さんは全力を出しつくした晴れやかな表情で客席に向かって手を振りながら行進していました。

         花火とショー       人気blogランキングへ
           五輪の夏を
              惜しみけり

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/08/14(火) 07:07)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア