実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 東京で金環食
火力発電所
 5月21日には、日本の太平洋側の広い地域で金環食が観測できました。金環食がこれほど広範囲で見られるのは、932年ぶりとのことです。

これまで天文マニアが金環食を観測するために南洋の島などに大挙して出かけたという報道を何度か見たことがありますが、今回は、この東京で金環食を見ることができました。

当日は朝起きたときは曇っていたので心配しましたが、東京で金環食となる7時半ごろは雲間から太陽がのぞく状態になり、なんとか金環食をみることができました。

私はこれまで部分日食はなんどか見たことがありますが、太陽が指輪のようにリング状になって輝く金環食は実に華やかで、天体のロマンに感激するばかりでした。

金環食の際は、太陽から地球上のその地域に届く陽光があらかた遮られるので、その地域の日差しが弱くなり、気温が少し低くなります。今回の金環食では、東京の気温が一度以上低下したということです。

       金環食        人気blogランキングへ
          日差しかげりて
             風涼し

また今年は、もう一度珍しい天体ショーが見られるということです。6月6日に地球より内側にある金星が太陽面を通過するのが観測できるというのです。もちろん金環食のように華やかなものではありませんが、天文ファンの皆さんは今から大いに期待して準備しているそうです。

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/25(金) 00:13)

 2012年夏の電力事情
火力発電所
 わが国には50基以上の原発がありますが、現時点ではそれらはすべて停止しており、今後再稼動されるめどはたっていません。
40年以上にわたって日本経済の原動力になってきた原発が一度にすべて使えなくなった影響はきわめて甚大で、それに対処するには長い年月がかかると思われます。


東京都では、自前の「天然ガス発電所」を建設する計画を立てていますが、その実現は順調に行っても6年後になるということです。

まずはなんとかこの夏を乗り切らなければなりませんが、それには現在利用できる火力発電所(上の写真)をすべて動員する必要があります。

ところが、それらの火力発電所は老朽化が進んでいるものが多いので、フル運転は難しく、様子を見ながら使ってゆくほかないということです。たしか、今年の1月にも関西電力の堺火力発電所がでトラブル発生で緊急停止したことがありました。

また水力発電も、昨年の夏には東北電力の水力発電所が台風による大雨の影響で多数停止に追い込まれたことがありました。

もともと電力需給がひっぱくしているところにそのような突発事故が発生したら、全面的な大規模停電ということにもなりかねません。
そのような事態を避けるためにも、私ども利用者はできるところから合理的な節電をしてゆく必要があると思います。

       はや夏日        人気blogランキングへ
           原発論議
              進まぬまま

IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/18(金) 06:30)

 ポチくん天に召さる
ポチくん

 大阪にいる娘から電話があり、長年可愛がってきたポチという犬が死んだとのことでした。
ポチはチワワとポメラニアンのミックスで、今年14歳だったそうです。小型犬は大型犬より長生きするそうなので、もう少し生きていてくれるかと思ったのですが・・・。

娘としては、結婚以来ずっと飼ってきた犬なので、自分の子供と同じです。昨年あたりから急に弱ってきたので獣医に見てもらったりしていたようですが、本日散歩の途中急に倒れてそのまま死んだということです。

上の写真は、私が5年ほど前に大阪に行ったときに撮影したものです。

        逝きし犬の       人気blogランキングへ
           毛並みをなでる
              五月風

娘夫婦家族の愛すべき一員であったポチくんの冥福を、心からお祈りします。
犬は、ドッグイヤーといわれるように、人間の5倍ぐらいのスピードで一生を終えます。飼い主としては、十数年たったら愛犬を看取ることになるという覚悟が必要なのです。私も犬が好きですが、この覚悟がとてもできそうにないので、犬を飼えないでいます。

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/17(木) 00:05)

 イタリア旅行 システィナ礼拝堂
システィナ礼拝堂

 バティカン美術館を見終わって少し休んでから、隣接のシスティナ礼拝堂に向かいました。システィナ礼拝堂は、キリスト教徒が敬虔な祈りを捧げる場です。それを妨げないように、私ども一般入場者にもさまざまな要望が出されています。

お目当てのミケランジェロの天井画はミケランジェロが33歳のときから5年間をかけた作品で、旧約聖書に記述されている「天体の創造」、「大地と水の分離」、「アダムの創造」、「エヴァの創造」、「原罪」、等のモチーフによる39の絵画からなっています。近年の大修復により、ミケランジェロが当時描いたのに近い鮮やかな絵画がよみがえりました。

入口から入ると、堂内はほの暗く、多数の入場者がいる割には大変静かです。入場しただれもが、まず天井に顔を向けます。入場者たちはしばらく上を見ながら堂内を歩き回りますが、そのうち皆疲れてしまい堂内の床に座り込んで天井画を見上げます。

これらの中で最も有名なのが、上図の『アダムの創造』でしょう。ここでは、神から差し伸べられた手にすがろうと必死に手を伸ばすアダムの姿が描かれています。
神の手にアダムが触れた瞬間に、神から生命がアダムに与えられようとしています。ほんの数センチまで接近した両者の指先から、まさに生命を与える青い電気火花が飛びそうに思われます。

        システィナで         人気blogランキングへ
           アダム創造
              拝す春

海外旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2012/05/14(月) 07:16)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア