実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 東京都慰霊堂
 現在から94年前、1923年(大正12年)9月1日に、神奈川県西部を震源として巨大地震 「大正関東地震」 が起りました。それにより関東一円に甚大な被害が発生し、6万人近い人命が失われました。

大地震後の火災により旧東京市内で最も多くの方がなくなった墨田区被服廠跡に、震災死者の遺骨を納めるための霊堂として東京都慰霊堂が建設されました(下の写真)。

東京都慰霊堂

 6年半前、東北地方沖で発生した巨大地震で東京も震度5強の激しい揺れを経験し、私どもも大変恐ろしい思いをしました。

今後関東地方で発生が懸念される大きな地震に備えるために、94年前の大正関東地震について改めて調べ、それから示唆される教訓を将来に生かさなければならないと思います。

関東大震災について調べているうちに、次の俳句を目にしました。

      天の川の
        下に残れる
          一寺かな  永田青嵐

永田青嵐は関東大震災当時の東京市長で、高浜虚子門下の俳人でもありました。大地震発生直後から青嵐は東京市中を飛び回り、当時250万人であった東京市民救援のために全力を尽くしました。

東京都慰霊堂

 夜になって青嵐が浅草に行ったとき、遠くで起こっている大火災が赤く反映する夜空のもと、大きなお寺がそびえているのが見えました。
浅草寺本堂と隣接する五重塔は幸いにも倒壊を免れ、その後下町一帯を襲った大火にもあわなかったのです(上の写真)。

浅草寺参道の仲見世などあたり一帯の建物が倒壊した中、残った大寺のシルエットを見て、青嵐は感に堪えずこの俳句を詠んだのでしょう。


IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/09/23(土) 07:04)

 ホリエ・ロケット失敗
 だいぶ前の話で恐縮ですが、小泉郵政劇場といわれた2005年の総選挙でひと際話題をにぎわしたのは、ホリエモンこと堀江貴文さんの選挙戦でした。

結果としては、堀江さんは大ベテラン亀井静香さんが何十年もかけて固めてきた地盤には食い込めず次点に終わりました。

さて、その堀江さんは、当時その名もホリエモン号という競走馬を持っていました。

ホリエモン号

 上記総選挙の投票日9月11日に、ホリエモン号は、あのハルウララで有名になった高知競馬に出走し、見事ぶっちぎりで初勝利を収めました(上の写真)。当時、ホリエモン号は、馬主に代わって初当選を果たした馬主孝行の名馬として競馬ファンの人気をさらいました(^_^)

       ホリエモン     人気blogランキングへ
          馬は当選
             秋いくさ

その堀江貴文さんが、今度は2013年に超低コストで小型衛星を軌道に投入する事業を北海道で起こしたそうです。

その宇宙ベンチャー 「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)は、本年7月30日午後4時半ごろ、自社開発した初の観測ロケットを同町から宇宙空間に向かって打ち上げました。

ホリエモン 同ロケットは、直径約50cm、全長約10m、重さ約1トンの街で見かける電柱のような形状をしているそうです(左の写真)。

燃料に安価なエタノールを使用し、エンジンを自社開発するなどしてコストダウンを追求しました。

同ロケットは、轟音をあげ、火炎を噴射しつつ上昇して雲の中に消えました。発射から約4分後に高度100キロ以上に達する予定でしたが、目標の高度まで到達しないうちに地上との通信連絡が途絶えました。

 堀江さんは12年前の馬からロケットに乗り換えた形で今回のチャレンジをしましたが、今回のロケットはかつての愛馬ホリエモン号のようにはオーナー孝行ではなかったようです。

現在気象庁などで使われている観測ロケットは、1機当たり5億円もの打ち上げ費用がかかるそうです、ホリエ・ロケットはその10分の1に当たる5000万円(1機当たり)での打ち上げを目指すとのことです。

今回は人工衛星は積んでいませんが、将来的には超小型衛星を軌道に投入する大型ロケットの商用化を目標としています。

開発費用の調達が課題で、同社は今後もクラウドファンディングや新規スポンサーを通じた資金集めを進める方針です。

       文月(ふづき)尽        人気blogランキングへ
           ホリエ・ロケット
              海に墜つ


IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/02(水) 06:44)

 家具の転倒防止器具
家具転倒防止器具

 6年前の3月11日、私は自宅の3階でパソコンに向かって仕事をしていました。突然の強烈な揺れに襲われ、思わず椅子から立ち上がってそのまま足を踏ん張って立ち尽くしました。

部屋の中の本棚や衣装ダンスなどが大きく揺れ動き、それらの上においてあったものが床に転落して大きな音を立てました。

その恐ろしい経験に懲りて、私どもは部屋に置いてある本棚など高い家具が転倒しないよう防止策を講ずることにしました。

最近では、スーパーなどにはさまざまな家具の転倒防止器具が販売されています。スーパーの店員に相談すると、上の写真左の 「ふんばる君」 という器具を推奨されました。

本棚など高い家具の床面前面に挿入して使うもので、その店員さんも自宅でこれを使っていたところ2011年3月の大地震でも家具が転倒しなかったとのことでした。店員さんの体験からの薦めに従ってその器具を購入し、自宅の本棚の下に入れることにしました。

それは、幅7cmぐらいの合成樹脂のフレクシブルな板状のもので、片方の縁に高さ1cmほどの縁がついています(上の写真左)。

それを上の写真右のように本棚前面の床面に挿入し、本棚の背面は後ろの壁にしっかりと押し付けます。これにより、本棚の前面は7mmほど高くなり、後ろの壁に寄りかかった状態になります。

その状態で本棚を手で揺り動かすと、以前より揺れが少なくなり、しっかりとした手応えが感じられました。これでやや心強くなり、今後は他の家具にもこの転倒防止器具を取り付けようと思いました。

        梅雨晴れ間        人気blogランキングへ
           地震の備え
              一つずつ


IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/06/23(金) 07:00)

 玄海原発再稼働へ
 今年3月の大阪高裁の判決を受けて高浜原発3号機、4号機の再稼働が決まりました。5月初め、まず高浜原発4号機が再稼働し、現在営業運転に向けて次第に出力を増加しつつあります。

次いで、九州北西部にある玄海原子力発電所が原子力規制委員会の審査に合格し、地元玄海町の議会、佐賀県議会でも再稼働が承認されました。あとは佐賀県知事の同意があれば玄海原子力発電所の再稼働が動き出すことになります。

火力発電所

 4月24日、佐賀県の山口祥義知事は同県庁で記者会見を開き、九州電力玄海原子力発電所3、4号機(佐賀県玄海町)の再稼働に同意する考えを表明しました。

記者会見で山口知事は次のように述べました。
 熟慮を重ねた結果、将来は原子力発電に頼らない社会をつくるという強い思いを持ちつつ、現状においては再稼働はやむを得ないと判断した。

我が国のエネルギー事情を考えたとき、現状では火力発電がフルパワーで稼働していて環境汚染などの問題も聞かれる中で、総合的に判断した。

世耕弘成経済産業相に電話で再稼働同意を伝達したが、その際先に国側が示した原発政策の実行に加え、自然エネルギーの普及促進を改めてお願いした。
現在我が国では、大多数の原発が稼働を停止しているなか、主として石油、天然ガスを燃焼させる火力発電所によって私どもの生活に必要な電力をなんとか供給しています。

中には建設後50年以上も経った旧式の火力発電所もあるそうで、それらから排出されるCO2その他による環境汚染を指摘する声もあります。

玄海原発

 上記佐賀県山口知事の決定は、佐賀県民83万人の安全、環境汚染の防止、そして原発が再稼働することの地元経済への効果などを総合的に判断したものでしょう。

       原発の        人気blogランキングへ
          論議こもごも
             はや夏日


IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/22(月) 07:37)

 LED懐中電灯
LED懐中電灯

 小型の乾電池、単三乾電池の電力容量は、同じタイプの大型乾電池単一乾電池のほぼ1/5です。そして、単三乾電池の市場価格は同じタイプの単一乾電池のほぼ1/5です。

従って、単三乾電池を単一乾電池の5倍ぐらいの個数を買って持っていれば、単一乾電池とほぼ同等に利用することができるのです。

そこで、私どもは大災害対策用として単三乾電池のLED懐中電灯を使うことにしました。このタイプのLED懐中電灯をインターネットで探したところ、最近100円ショップで販売しているハンディトーチライトというLED懐中電灯が話題になっているのを知りました。

上の写真のように、アルミ製の細い筒の中に単三乾電池を2つ入れる懐中電灯で、筒の先に高輝度LEDランプが一つ付いています。集光レンズは使っていないようです。

このLED懐中電灯は、100円ショップの商品ですが、値段は、電池なしで200円でした(消費税込みで216円)。

高輝度LEDの光は青白色で、白熱豆球の赤っぽい光より見やすいように感じます。単三乾電池を使用しているにもかかわらず、明るさは手許、歩く足先を照らすには十分でした。

        LED         人気blogランキングへ
           ライトを試す
              年はじめ

大地震などの災害に備えるには、価格の高い高級機は不要です。まずまずの実用性を持った安価なLEDライト類を多数買っておき、それらを家の中の方々に分散して置いておくのがよいと思われます。


IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/01/26(木) 07:05)

次のページ
copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア