実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 風力発電所見学会
風力発電所 平成15年3月、東京湾の中央防波堤埋立地に、巨大な発電用風車が建設されました。
東京都の地球温暖化対策プロジェクトの一つです。

その後、私どもは世田谷区の区報で東京都環境局がこの風力発電所の見学会を開催するのを知りました。

かねてより風力発電に関心のあった私どもはそれに応募して見学にいってきました。

 見学会の参加者は東京臨海高速鉄道 東京テレポート駅前から東京都がチャーターしたバスに乗り、防波堤埋立地の風力発電所に向かいました。

埋め立て地の道路を10分あまり走ると、前方に2基の巨大な白い発電用風車が見えてきました。

この発電用風車はデンマークで製造されたもので、タワーの高さ44m、風車のブレード(羽根)の直径は52mです。従って、羽根が真上を向いたときは、地上から70mの高さに達します。
風車2基で、一般家庭800世帯分の電力が発電できるそうです。

このあたりは都のごみの埋立地で、見渡す限り広々とした草野原になっています。ゆっくりと回転する風車の上空で、草ひばりがさかんにさえずっていました。

       仰ぎ見る     人気blogランキングへ
         風車の空に
           揚ひばり

 現在ではこの地区では東京都の大型工事が始まり、上記風力発電所を近くで見学することはできなくなったということです。

その後、東京都は江東区若洲海浜公園内にも国内最大級の風力発電所を設置しました。こちらは、公園内にあるので、一般の方でも自由にその足元まで行って見学することができるそうです。私も、いつかこちらの風力発電所を見学したいと思っています。


IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/05/13(日) 06:45)

 歩きスマホはけがのもと
中川一政美術館 4月末に、東京消防庁は、歩いたり自転車に乗ったりしながら携帯電話やスマートフォンを操作して事故に遭い、救急車で搬送された人は、昨年間に東京都内で58人にものぼったと発表しました。
この件数は過去4年間で最多だったとのことです。
平成24年から平成28年までの過去5年間で歩き携帯やスマホなどで事故に遭った人は計201人にのぼったそうです。

東京消防庁は、歩きスマホや携帯について、「自分自身がけがをするだけでなく、周囲の人を事故に巻き込む恐れもあり、大変危険」と注意を呼び掛けています。

 私もつい先日、駅の通路で歩きスマホをしている中年女性にぶつかりそうになりました。また家の近くで、夕方、無灯火の自転車に乗りながら片手で携帯メールをうっている人を見ました。

自動車運転中の携帯電話等使用は、事故が多発したため、平成11年に道路交通法により禁止されました。それ以降は携帯電話等使用が原因の交通事故は大幅に減少したそうです。

駅構内や混雑する公道上での歩きスマホも大変危険であり、なんらかの規制が必要ではないかと思います。

      卯月尽     人気blogランキングへ
        歩きスマホの
          事故の報


IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/05/09(水) 06:42)

 携帯電話で災害時伝言
携帯電話で災害時伝言

 2011年3月の大地震をはじめ、大災害の際には、家屋が倒壊したり電柱が倒れたりして加入者電話線が利用不可能になり、固定電話で連絡できなくなることも多いものです。

そのような際には、携帯電話から災害時伝言ダイヤルに接続して短いメッセージを録音・再生したくなるでしょう。私どもはソフトバンク社の携帯電話を利用しているので、ソフトバンクの伝言サービス について、以下に説明いたします。

ソフトバンク社の携帯電話の場合には、「Y!」ボタンを押すだけでYahoo!ケータイのトップ画面に接続されます。

1.そのトップ画面から [災害用伝言板] を選択します。

2.[登録] を選択します。

3.4つのチェックボックスから状態を選択できます(複数選択可)。また、全角100文字以内のコメントを入力できます。

4.入力完了後、 [登録] を押すと安否情報が登録されます。

 このようにして登録されたメッセージは、ソフトバンク携帯電話および他社携帯電話、さらにパソコン等のインターネット端末からも確認できます。

ソフトバンク社の災害用伝言板サービスは、毎月1日・15日に体験利用ができるようになっているので、ぜひトライしてください。

      携帯で      人気blogランキングへ
        無事知り安堵(あんど)
          桜咲く


IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/11(水) 07:08)

 東京都慰霊堂
 現在から94年前、1923年(大正12年)9月1日に、神奈川県西部を震源として巨大地震 「大正関東地震」 が起りました。それにより関東一円に甚大な被害が発生し、6万人近い人命が失われました。

大地震後の火災により旧東京市内で最も多くの方がなくなった墨田区被服廠跡に、震災死者の遺骨を納めるための霊堂として東京都慰霊堂が建設されました(下の写真)。

東京都慰霊堂

 6年半前、東北地方沖で発生した巨大地震で東京も震度5強の激しい揺れを経験し、私どもも大変恐ろしい思いをしました。

今後関東地方で発生が懸念される大きな地震に備えるために、94年前の大正関東地震について改めて調べ、それから示唆される教訓を将来に生かさなければならないと思います。

関東大震災について調べているうちに、次の俳句を目にしました。

      天の川の
        下に残れる
          一寺かな  永田青嵐

永田青嵐は関東大震災当時の東京市長で、高浜虚子門下の俳人でもありました。大地震発生直後から青嵐は東京市中を飛び回り、当時250万人であった東京市民救援のために全力を尽くしました。

東京都慰霊堂

 夜になって青嵐が浅草に行ったとき、遠くで起こっている大火災が赤く反映する夜空のもと、大きなお寺がそびえているのが見えました。
浅草寺本堂と隣接する五重塔は幸いにも倒壊を免れ、その後下町一帯を襲った大火にもあわなかったのです(上の写真)。

浅草寺参道の仲見世などあたり一帯の建物が倒壊した中、残った大寺のシルエットを見て、青嵐は感に堪えずこの俳句を詠んだのでしょう。


IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/09/23(土) 07:04)

 ホリエ・ロケット失敗
 だいぶ前の話で恐縮ですが、小泉郵政劇場といわれた2005年の総選挙でひと際話題をにぎわしたのは、ホリエモンこと堀江貴文さんの選挙戦でした。

結果としては、堀江さんは大ベテラン亀井静香さんが何十年もかけて固めてきた地盤には食い込めず次点に終わりました。

さて、その堀江さんは、当時その名もホリエモン号という競走馬を持っていました。

ホリエモン号

 上記総選挙の投票日9月11日に、ホリエモン号は、あのハルウララで有名になった高知競馬に出走し、見事ぶっちぎりで初勝利を収めました(上の写真)。当時、ホリエモン号は、馬主に代わって初当選を果たした馬主孝行の名馬として競馬ファンの人気をさらいました(^_^)

       ホリエモン     人気blogランキングへ
          馬は当選
             秋いくさ

その堀江貴文さんが、今度は2013年に超低コストで小型衛星を軌道に投入する事業を北海道で起こしたそうです。

その宇宙ベンチャー 「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)は、本年7月30日午後4時半ごろ、自社開発した初の観測ロケットを同町から宇宙空間に向かって打ち上げました。

ホリエモン 同ロケットは、直径約50cm、全長約10m、重さ約1トンの街で見かける電柱のような形状をしているそうです(左の写真)。

燃料に安価なエタノールを使用し、エンジンを自社開発するなどしてコストダウンを追求しました。

同ロケットは、轟音をあげ、火炎を噴射しつつ上昇して雲の中に消えました。発射から約4分後に高度100キロ以上に達する予定でしたが、目標の高度まで到達しないうちに地上との通信連絡が途絶えました。

 堀江さんは12年前の馬からロケットに乗り換えた形で今回のチャレンジをしましたが、今回のロケットはかつての愛馬ホリエモン号のようにはオーナー孝行ではなかったようです。

現在気象庁などで使われている観測ロケットは、1機当たり5億円もの打ち上げ費用がかかるそうです、ホリエ・ロケットはその10分の1に当たる5000万円(1機当たり)での打ち上げを目指すとのことです。

今回は人工衛星は積んでいませんが、将来的には超小型衛星を軌道に投入する大型ロケットの商用化を目標としています。

開発費用の調達が課題で、同社は今後もクラウドファンディングや新規スポンサーを通じた資金集めを進める方針です。

       文月(ふづき)尽        人気blogランキングへ
           ホリエ・ロケット
              海に墜つ


IT ・ 防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/02(水) 06:44)

次のページ
copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア